読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

That's fine

英国人マーガレット・モリスが創ったダンスの事、音楽、日々感じた事などを書いていきます

自分の身体・心と対話するということ。私の努力し頑張るということは何なのか?

f:id:mmm-thatsfine:20170127204606j:plain

皆さん、ご無沙汰しています

目の疲れ、肩こりというか全身の強烈な凝りをよくするために

出来るだけPCやスマホなどを触らないようにしていました

逆に言うと、そういうことが出来ない程

かつてないような酷い状態でした

 

久々に、まったりとPCに向かっています

この柿は、先日近所の散歩中に撮りました

自分では気に入ってます(^-^)

 

今回は、撮った写真を脈略もなく入れつつ
ダンスのことではなく、私のことについて

何日かに分けて少しずつ書いていこうと思います

私が、自分の事を知るために考察しながら書きました

と~っても長いので(6000字を越えました)

お時間あるときに読んでやってくださいm(_ _)m

 

内容は、右往左往でまとまりないです

先にお詫びしておきます

かなりの日数を要しまして、書き始めと終わりで状況も変わっており

そして、毎日考え続けていくうちに、書くことも変わっているかもしれません

今は、あまり何回も読み直したり出来ませんので、重ねてお詫び致します

でも、この一連の悩みや葛藤が

同じように葛藤するどなたかの、何かを考えるヒントになれば幸いです

 

 

昨年末に、胸と背中の痛みで呼吸できずに気を失い、救急搬送

それが心臓などの病気ではなく、なんと身体の凝りからきているようだ

そう判明して早一月半を過ぎました

様々な事を試しながら現在に至っています

幸い、少しずつ改善しています(^_^)

だから、こうしてここへ書くことが出来るのですが

長い時を掛けて固まった身体ですので、良くするにも長い時が掛かるようです

 

MMMという、本当に身体の為に良いダンスをしていながら

何故そのようなことになったのか

何故そこまで酷くなっているのに気づかなかったのか

 

「凝り」という一つのキーワードをあげたいと思います

 

f:id:mmm-thatsfine:20170127205423j:plain

誰もいない公園

お昼間だったので、皆幼稚園や学校なのですね

なんとなく寂しいものですね

でも、一人で物事を考えるには良い空間でした

 

昨年の春に、MMMを練習していて気づいたことがありました

背中が反れない

あれ? 私これだけしか出来なかったかな? 練習が足りないのかな?

グイグイ グッ! もっともっと綺麗に出来るように

 

そうしているうちに、胸椎の左横辺りの筋肉を痛めました

ありゃ~、やり過ぎちゃったよ! あぁ、無理し過ぎた…

 

この時、私がもっと身体の声を聴いていれば

そして、背中全体が凝りでカチコチになって

背骨が撓らなくなっているせいだと気づいていれば

やり過ぎてしまう自分を、もっとはっきり自覚して休んでいたら…

 

忙しい時、頑張らないといけないときにも

こうして散歩して、ファインダーを覗く

無心にシャッターをきる

そういうことをしていれば…

 

そういう済んだ話をしても仕方ないですね

 

でも私は振り返って、そのことで「今」を修正したいのです

私は、自分の心と対話出来ていなかったのではないか?

身体と対話出来ていなかったのではないか…そう気づいたのです

 

f:id:mmm-thatsfine:20170127212714j:plain

小さな実を沢山つけた柿の木に、メジロが数羽来ていることに気づきました

普段なら気づかなかったかもしれません

私はいつも、前しか見て歩かない。それも凄い早歩きです

カメラを持つと、いつもの景色も彩りを増して見えるのですね

オレンジの実を啄む深い緑の小さな小鳥の可愛らしさに

私は何とかしてカメラに収めようと

かなりの時間を、この柿の木の周りで過ごしました

 

初心者にはどうやったらメジロが上手く撮れるのやら…全く???

階段の上から狙うと下の方の実を食べ

私が降りて下からカメラを向けると上の方へいっちゃう…

 

f:id:mmm-thatsfine:20170130225302j:plain

この子のおすまし顔、好きです

凜としている、とも思えますが…気のせいかな? ちょっとポッチャリ?

小鳥たちはただ、美味しい柿の実を一心に啄む

私という怖い人間から、安全な距離をとりつつ…

 

自然界では、肩が凝る、なんてことはないでしょう

いつも命の危険と闘っていながら、でも自然と一体となって生きている

共に生きているのですね

彼らは無理なんてしない。力が入って肩が上がる、なんてない

私は毎日、何をしていても肩が上がっていることに気づいていました

昨年かな? スクーターに乗りながら肩が上がっている、とかです

 

なんで?

 

あるブログに「頑張る」とは我を張る、だ

というようなことが書かれていました

私は、「それ」が好きで、自分の為に色々頑張ってきました

ピアノ ダンス 保育士 先生になりたいから試験や勉強を頑張る

 

そのブログの主は、頑張らなくてもあなたは十分素晴らしい

というようなことを書かれています

ただし、この頑張るは「褒められたい」「親の期待に応えたい」から

その最初の前提が「私は駄目だから頑張る」

などという理由で頑張っている人に

人の目を気にして良き妻や子供であろうとして

頑張っている人に向けておられるようです

全部読んでいませんが、そう解釈しました

 

私は? 

 

音大に行くために、行きたいからピアノの練習をする

それは自分が強く望んだことです

ダンスの試験の為に練習したり、勉強したり

佳き先生になるためです

 

私は自分を磨くことに躊躇いはなく、ただ真っ直ぐにそう思って

理想を高く持ち、現実の自分に愕然としつつも

それを受け入れて、出来るだけのことをしたくてやりました

 

f:id:mmm-thatsfine:20170130230020j:plain

イケメン? べっぴんさん?

この子は、誰かに良く思われようとしてはいません(当たり前ですが)

この子は、ただ自然にここにいるだけで美しい

 

あまりよくも読まないで、そのブログの「我を張る」という文字を見て

私は多少ムカッとくるものがあったのです

ムカッとする = 痛い所を突かれた、かも?

 

~しなければならないから、何があっても頑張る

~があるのだから、多少しんどくても辛くてもやり遂げる

 

私はオリンピックを目指しているわけではありません

なのにアスリートのように自分を追い詰め

たまに逃げたくなる自分を、自分で強く強く叱責していました

楽しみを排除しました

そうやっているのが、好きでした

何故だろう?

 

f:id:mmm-thatsfine:20170130230705j:plain

小さな水仙が、柿の木の向かいにポツンと咲いていました

う~ん、ちょっとピンぼけでしょうか…おかしいなぁ

 

まだ寒かろうに…だからかなぁ、とても花は小さかったです

この花は、今の環境に合わせた自分で咲いているのかな?

まだ寒いから、無理に大きな花を咲かせようとしたら

これから!というときに、もっと大きく立派に咲けないから?でしょうか

 

前提が「駄目な自分」「出来ない自分」と心が思っていて

そこから「理想の」「出来る」自分になろうとすると

う~ん。それはしんどい、辛いことかもしれません

ましてやその「理想」というのが、必要以上に高ければ…

 

~しなければ駄目だ だって私は出来ないんだから

私は人より劣っているのだから…

人の何倍も努力してやっと人並みなんだから

 

実際、高校の時はそう言い聞かせて

腱鞘炎になるまで休日は10時間以上ピアノを弾いていました

その時は必死で、上手になりたくて仕方なかったのですが

今思い返すと…切なくなります

 

ここまで書いて、やっと

私は30年近くたって初めて、高校時代の自分を労った気がします

 

でも、理想って何なんでしょうか

「理想は高く」と言われていますが、高く持った私は辛かったです

同じ時間の練習で、私より遙かに美しく弾く友人たち

恨みました。神様を。こんなにピアノが好きで上手になりたいのに

何故私は、練習環境が整わない家に生まれたのですか?(社宅暮らしでした) 

ピアノを思うように弾ける才能を頂けなかったのですか? と言葉に出し

涙の塩からさに、唇を噛みしめた記憶があります

努力しかない。努力だけが、私を彼女達に近づけてくれる

そう信じて、信じることで、練習することで

私は自分を保つことが出来ました

努力の先に、理想の自分がいる、そう信じて…

早朝に登校し、1時間半分の練習時間を、そうしてカバーしました

寝不足で、いつも顔色が悪くしんどかった事を覚えています

 

f:id:mmm-thatsfine:20170130232134j:plain

気づいたら、マンションの庭の梅が結構咲いていたのでした

つぼみが大きくなっていることに、気づきもしませんでした

 

(この時点は、2月初めくらいです)

 

この心のゆとりのなさはどうでしょうか

毎日のようにその前を通っているのに、前しか見ていない私

 

私の道は、一つしかなかったのでしょうか?

「理想」を持つ前に、自分とよく向き合えていたのでしょうか

 

苦しむ心と、疲れた身体

それも見えずに、高いところばかり見ていた私は…

立ち止まり、自分を「感じる」ことはできませんでした

 

ただ、考えてしまうのは

ダンスで言うと、この8~9年間かけて勉強してきたからこそ

先日も新しいシニアの方のクラスを、自信を持って開講できた

肩が凝ったのも気づかないほど机に向かい、解剖学を学んだから

皆さんに、身体の事を色々説明することが出来た

ピアノもそうです。あの努力無くして今はありません

 

これは、、、違う?

そこまでしなくても、十分に同じ事が出来た?

うむ…これは比較のしようがないので謎です

 

f:id:mmm-thatsfine:20170130234146j:plain

この花、、、もっと正面で撮りたかったけど

背景の関係で横顔になってしまったのです

前が駄目なら横、も良し?

 

書いていて、私は自分が分ってくると思っていましたが

お読みになって分るように、混乱してきました

ただ言えていることは

真っ直ぐ前しか見ない、そういう心根であることはいいかもしれないけど

本当に、前しか見て歩かないような人生はいかがなものか?

 

カメラを持つと、気づかなかった自然の美しさに心奪われるのは何故?

見えなかったものが、生き生きと輝いて見えるのは何故?

 

自然

自分の自然な姿はどれだろう

私の心は、一点集中するあまりコリコリで

「横顔」も赦せなくて「こうあるべき」だった

 

身体の凝りに気づかない人は、結構多いのだそうです

そして私のように、極限になって病院へ行く

私は年中肩こり腰痛で、MMMをすることで何とか凌いできましたが

MMMはダンスであって、治療ではありません

それに、MMMというダンスは伸びやかで、リラクゼーションも大切です

誰とも比べずに、自分の成長を楽しむ、緩やかな流れで進むのです

なのに私は、、、

 

「心がカチコチ」で。何かを思い込みすぎていて

折角MMMに出会ったのに、周りの景色を見ることなく、休むことを赦さずいて

身体の声も聴かなければ、例え何をやってもどこかで歪みが出たでしょう

 

そして、最も良くないことは自分を虐めていたことでしょうか

「こんな自分では駄目だ」

こんな自分って、どんな? 何が駄目?

一度もそこに疑問を感じたことがありませんでした

何故そのように、自己評価を貶めて、頑張る必要があったのだろう

私は、私の何が気に入らないのだろう?

 

何が私をそうさせたのか

 

小鳥のように、花のように

自然なままの姿で、既に美しいように

私は

私は、、、本当は自分が好きではない、けど

 

「私は、何もしなくても私なりに素敵で、愛され赦されている」

 

そう思ってあげたかった

自分を愛してあげる。労ってあげるし、褒めてあげる

本当にそうできるようになれば

 

身体はきっと叫んでいたよね

肩こったよ、腰も。勉強ばかりしないで、休んで欲しい、と

疲れているから、もう止めて。愉快な番組でも見て笑ってよ、と

でも心は赦さなかった。楽しみたい、ともあまり思わなかった。思っちゃいけなかった

頑張るんだ、理想のために。頂上に立ちたいのは六甲山ではない

エベレストなんだから!

 

エベレスト! 理想がエベレスト?

 

あぁ、そういうことかな

 

アンポンタンな理想って、こういうことなのでしょうか

六甲山登るのもヒーヒーな人が、いきなりエベレストはない

自分の体力や実力を考えないで、一番高い山を制覇したい

これはもう、奢りと言えそうです

 

そうだったのか、、、私は「努力すればなんでもできる」と信じて

現実の自分を受け入れずに、無理を強いて虐めて

……それじゃマゾ、といわれても仕方ありません

整体の先生にも言われました「マゾですね~」って

私「だってMMMだから。Mが3つもあるんですよー」

なんて笑っていましたが、、笑い事じゃないですね

 

ここまで書いて、纏めてみます

私の努力する=たどり着けない理想に向かってもがく

私の頑張る=肩に力を入れて無理なことを必死でやって自分を虐める

現時点での回答は、こういうところでしょうか

 

何日も掛けて書いてたら、めちゃ長くなっちゃった、すみません

 

これを投稿する時点、今ですが

新たに、歯の噛み合わせの悪さが

昨年の搬送に至るほど、身体に無理をかけていた

そういうことも、専門の歯科医の診察により分かってきました

複合的な原因が重なった瞬間

それが救急車だったのかもしれません

身体と噛み合わせ、心を研究されている

よき医師に出会えた。これは、とても幸せなことであると

心の友が、私に言ってくれました

私は、自分が大変な目にばかり遭う様な気がしていましたが

実は、とてもラッキー。幸せな人なのですね

 

全てが私へのメッセージなんだな

静かな公園が、柿とメジロが、小さな水仙が、梅が

私の周りにいる多くの人が

音楽が、ダンスが

深い深い、人の…自然の、根本にある真理を教えてくれようとしている…

 

エベレストは忘れますが、せめて富士山は目指したいです

私は、やはり坂を(緩やかな)登っていたい人です

まずは身体を良くして、六甲山から始めます

諦めたくはありません

ダンスの先生も、自分を受け入れる、けどそれは諦める、とは違う

私はそう思っている、とお話し下さいました。私もそう思います

でもこれからは、自分を虐めません。愛して、赦してあげたい

 

気を失うまでコリコリになった私へ

 

無茶しちゃったね、アンポンタンだったよね

でも、ピアノも上手になりたかったし

ダンスも、素敵に踊れるように、佳い先生になりたかったんだよね

一生懸命だったんだよね、ただただ真っ直ぐに

大して才能が無くても、努力がカバーしてくれると思いたかったんだよね

 

楽しまないとね、私

楽しい!と思うことが一番早く上達できる方法なんだから

さぁ、もう力を抜こうよ

 

マーガレット・モリスは、踊ることで人生は豊かになると信じていたよ

人類は、遙か昔から踊っていた。音楽もあった。言葉より前に

 

考えてじゃなくて、心が求めるように生きれば良い

誰かとか周りを気にしすぎる私は、もう止めよう

私の人生という物語は、常に私が主人公。一度きりなんだよ

気絶して、そのままになっていたら、、、無だよ

だからこそ、今を懸命、というより楽しく生きたいよね

 

最後に

「Mayumiさん、綺麗に出来ていましたよ」

 

先日レッスンの後で「あれは酷いわ~できひんわ~」といったら

同じグレード人がそう言ってくれて、ビックリしました

本当に出来ていない、と思っているのに何故そう言われるんだろう、と

 

鏡に映る自分は、滑稽で笑えて出来ないほどでした

でも、私には見えないどこかに、多少の美しさがあったの、かな?

ここで、「そうですか?!私綺麗に出来ていたんだ!嬉しい!有り難うございます!」

と言える私になりたいです

まずはこの辺りからリハビリしていきます(*^_^*)

 

急には変われない自分を、まず赦してあげます(*^▽^*)

ん~、そうできるように

身体をホグホグ

気持ちもホグホグ

ボチボチとホグホグしていきます

 

おぉ!なんと6200字を越えてしまったよ…

長々としたのにお付き合い下さった皆様

本当に有り難うございました

お陰様で少し分ったような気がしております

ずっと悩み考え込んでいました

 

これに懲りず、、、「凝り」は頑張らずに治していきますが

またご訪問下さい。宜しくお願いします

ホグホグしながらお待ちしております

次回は、どこまで「柔らかく」なったかお楽しみに~(^_^)/