読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

That's fine

英国人マーガレット・モリスが創ったダンスの事、音楽、日々感じた事などを書いていきます

私の行く年来る年 

身体が強ばっていて、PCに向かえずでした

でも、今年の最後に一記事残しておきたくて

2,3日に分けて少しずつ書きました

 

何で私はこんなにカチコチ、コリコリになったのかしらん?

そもそも今年、私はどうしていたのか

振り返ってみることにしました

 

 

1月、2月

f:id:mmm-thatsfine:20161228161610j:plain

昨年の夏に、我が家の息子になったエル

貴公子のような、お公家さんのような可愛い可愛いエル

正月明けて直ぐに、不治の病とわかる

エルはまだ7ヶ月だった

 

こうして、始まった2016年

今年受けるダンスの試験の為の勉強をしなくてはならなかった

でも、エルは長くない…だから…エルの為に傍にいよう…

 

徐々に弱っていくエルの姿が、心裂けんばかりに辛かった

どうやって最後まで、彼の尊厳を守ってやれるか

私たちは葛藤した

一日でも長く生きて欲しい、ただ生きているだけで良い

おむつでもいいから…でもエルは?それを望んでいるのか?

強制給餌…嫌がるエル。噛みつかれた

指よりも心が痛くて泣いた日

 

今年になって、昨年秋にやってきたルナと遊ぶ姿は見ていない

f:id:mmm-thatsfine:20161228162116j:plain

昨年の秋 仲良く遊んでいた頃の写真

ルナは、この時3ヶ月くらい

 

看病の合間の30分で、梅林公園に写真を撮りに行った

f:id:mmm-thatsfine:20161228162419j:plain

あまり上手く撮れなかった。難しいなぁ、、、

一瞬だけ、私の心はカメラに集中し、エルの事から離れた

 

数日後の3月 そして4月

f:id:mmm-thatsfine:20161228162321j:plain

エルは、苦しい日々から解放されて天使になった

享年10ヶ月 亡くなって尚、可愛くて…可愛くて…

遺骨はまだ、我が家にあって、共に暮らしている

f:id:mmm-thatsfine:20161228163055j:plain

勉強を再開

気づけば桜。本当に、その間の事が思い出せない

家の周りに咲く桜にカメラを向けてみた

ピコっとでている若葉に、少しだけ元気を貰った

 

5月、6月

ダンスの練習、勉強、ワークショップ

f:id:mmm-thatsfine:20161115120054j:plain

今年は写真はない。これは2014年

この時に、第1回目のダンスのアセスメントを受けた

その後、福岡へ行き第2回目のアセスメントを受ける

f:id:mmm-thatsfine:20161228163606j:plain

こうして黙々と練習していたが、相方に撮って貰った写真たちが

私を追い詰めることになった

私は、自分の理想に遠すぎる自分に愕然とした

夏に渡英して試験を受ける予定だった

 

出来るだけの努力はしよう

でも出来ない自分を必要以上に責めない

これが自分なんだ、仕方ないよ、これが現実なのだ

そう受け入れてあげる努力と、実際の努力を続けた

 

7月、8月

渡英。サマースクールに参加し実技とレポートを終わらせる

f:id:mmm-thatsfine:20161228164225j:plain

大学内のチャペル

今年は、先生レベル最高位という特別な試験っだったので

それに相応しい自分でいたい、先生に、ジャパンに恥をかかせたくない

様々な思いがあって、その自分で作った重圧は、かなりだった

それでも、なぜか試験官からは良い評価を頂け

私は、もっと自分に自信を持たないといけない

そのことに気づいた

 

帰国してもリラックスしなかった

が、心は前を向いていて、最後の解剖学試験を終わらせて

MMMの為に頑張りたいと、張り切った

f:id:mmm-thatsfine:20161228164820j:plain

狭くても、私はここが好きなのよ。最近はお尻が出てしまうのよね…

ルナもお誕生日を迎え、大きくなった

相方は、ルナが寂しくないように、お友達を迎えたいと言い出す

保護猫さんの譲渡会に行く決心をする

エルのような男の子を…元気な男の子を

 

9月、10月

f:id:mmm-thatsfine:20161228170036j:plain

ん? 僕の話しなの? ヤッホー!

譲渡会で、元気に鳴いていた男の子 響(ヒビキ)

イケメンだな、と相方は気に入った

響という名がいいな、元気そうだし、と私も思った

そして、響は我が家の3人目の子供になった

ルナは…

f:id:mmm-thatsfine:20161229145815j:plain

な、なんなの! あのちびっ子! 生意気だわ!

メチャ不機嫌で、大好きなおやつを食べながら睨んでいた

ハンストしたり知恵熱を出したり

でも、二人は段々仲良く遊ぶようになって、ホッとした

 

私は、最後の試験である解剖学の勉強を始める

f:id:mmm-thatsfine:20161229150951j:plain

解剖学って、、、面白い!

試験の為だけじゃない、自分の為になる

レッスンで行かせるような勉強をしようと思った

 

11月、12月

全ての試験を終えた私は、またもやホッとしなかった

なんで?

終わったら、楽しく踊れるようになる、伸び伸び出来る

出来ないなぁ、時間が要るのかな?

 

仕事は楽しくて。充実していて

子供達に囲まれ、とても幸せ!

f:id:mmm-thatsfine:20161214155834j:plain

 

そして、クリスマスの前に

私は胸と背中の痛みで呼吸が出来なくなり

意識を失って、救急搬送された!

人生初の失神と、救急車

心臓だと思った

「あぁ、私もうすぐ終わるかもしれない」

心臓ならあっという間かも、と思って考えたことは

財布に入れていた臓器提供のカードを出さないと!

だった

 

幸いどこも異常はなく、疲れで身体が強ばりすぎて

きっと横隔膜やら上半身やらが引きつった?のではないか?

そういう結論で、先日から身体をほぐしに通っている

なのであまりPCにも向かえず、でした

そんなこんなで、ずっとボンヤリ過ごしている今日この頃

 

という一年でした

年末の事件は強烈でした

もう駄目かも、と思ったときに考えたのが

臓器提供

極限での自分の思いが分かった瞬間でした

 

エルとの闘病生活で始まり、身体カチコチで終わった今年

よく頑張ったんだね、私

試験はしんどかったけど、自信も付けられた部分もあり

もっと楽しく踊りたいという素直な自分の気持ちも分ったし

5年ぶりの英国サマースクールは、、、もっと余裕があればなぁ

ほんとに素晴らしかったのに

 

う~ん

私、もっと楽しく面白く、そして軽やかに生きたい

生徒さんを笑わせるのが嬉しいけど、幸せだけど

自分自信が、ケラケラと笑って、愉快で、ウキウキして

普段の生活の中で

そうありたいな

 

終わったことは、今年に置いていこう

来る年は、自分で選んでつくっていけるから

ほんわか温か 頭空っぽにして 笑う

楽しい事探そう! 


ちょっぴり掃除しました

新年を清々しく迎えたいけど

出来ないときに頑張らない!


大晦日、元旦

たった一日のこと

今日の続きでしかないのだから

何も考えなくて良いお正月だから

だからこそ、ダラダラする、ことにしました

出来るときにすればいいや、と言い聞かせて


皆さま、良いお年を

来年も素晴らしい一年となりますように


11月頃から始めたthat's fine 

来年も宜しくお願いします


最後までお読みいただき

有り難うございました

来年もポチポチかきますので

またご訪問くださいヽ(^○^)ノ