読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

That's fine

英国人マーガレット・モリスが創ったダンスの事、音楽、日々感じた事などを書いていきます

雑記。手書きポスターを描いてみたいけど…進化したダンスと、退化した絵

f:id:mmm-thatsfine:20161205163119j:plain

お恥ずかしい絵(上部はにゃんこにカミカミされ破れました)

秋に、仕事から帰って

何を思ったかいきなり絵を描こう!と意味もなく色鉛筆で描きました

なんじゃろか? これは?

何にも考えないで描いたので、自分でもさっぱり分りません

 

日頃お世話になっている、現代アート作家の方に見せてみました

「あぁ、これは音楽やねぇ。音符やな、これは」

「音楽ですか? はぁ…へぇ~」

「やっぱりUedaさんは、音楽なんやねぇ」

と、言われて

そうなんやーと、思いました

心理テストされたみたいな気分でした

やってる時間が長い分、やはり私の「底」は音楽でできてるんやなぁ

 

ブログを始めてから、世の中には文章も絵も

こんなに上手な人が一杯いるのだなぁ、と感心するばかり

私はとても字が汚くて、絵も中学から描いてませんでした

 

小学校の時は、描いた絵が選ばれて

どこかへ送られたり、貼り出されたりしていました

神戸港での写生は、何故か選ばれ市役所に貼って頂いて

でも、私には自分の良さが全く分らず

なんで私の絵が? どこがよかったのかな?と

真剣に悩んだ記憶があります

 

手書きのチラシがとても良いというお話しを

ブログで読んだことがあります

やってみたいと思ってました

下手でもいいから、手書きで、と

 

で、今日仕事に行きましたら

先日の歌声メンバーさんの一日講座に来れなかった方が

またまた場所を探して、値段を聞いて

そこでしたい!と言って下さったのです

歌声が終わってから、その方が一緒に会館の下見に

付いてきて下さいました

そこで、ポスターを貼られたら? とか

歌声メンバーに宣伝のチラシを配ったら、とか

色々言って下さるのです

 

有り難いなぁ

最近、こういう有り難い事が多すぎる私、です

 

そして、ポスターです

作らないと! そう思って取りあえず立ち上げたワード

普通にしか使いこなせないワード

綺麗に纏まるけど、味気ないですよね

 

昔のひかり~ 今いずこ~♪ (荒城の月)

 

ダンスは上達しましたが、全く描かなくなった絵は

退化してしまいました

少し練習して、急に素敵なポスターが作れるはずもなし

 

さて、ワードで無難にやるか

とんでもなくても、手書きで作ってみるか

 

坂津さんや、もっちさんのブログを見る度に

ため息が出てしまいます

 

私も描けば何とかなるのだろうか?

などと思わなくもない…いや、やはり思えないな

毎日練習されている方々を

努力もしないで、ただ羨むというのは

間違っていますね

 

まずはやってみること

あまり酷ければ、ワードで作り直せば良いのですね

 

やる前から出来ない!なんてMMMの先生が言ってはいけない

「自分に限界を作らないで」

MMMの先生がよくおっしゃいます

 

逆に、ワードで下書きをして

それを見て、手書きをする、という手もあるな

そうだな、固定観念を捨てないといけませんね

 

私のやっているMMMという、認知度の低いダン

少しでも知って頂くための努力が必要です

それも、免許皆伝ティーチャーとなった私の役目

 

九州から知り合いもいない神戸へ来て

たった一人でMMM神戸&大阪を大きくされた先生

そのご苦労を含め、今歴史を綴っていますが

そのことを思えば、私は恵まれすぎています

今回のように、自ら「習いたい」と言って下さる

そんな方がおられる、場所を探して下さる

 

なんて私は幸せなんだろう

 

ティーチャー試験の為にポートフォリオを作りましたが

その最後のページを書く時に考えました

私は、MMMでどうなりたいのだろう、と

 

勿論、大きな夢はあります

MMMを広めて、出来るならそれで生活できるまでになりたい

でも、そこが最終目標だろうか? と自分に問うてみたら

違う答えが出ました

 

私は、生徒さんの笑顔が見たい、と

 

その上で、収入があればなお嬉しい

収入の為にやっているのではない、という答えでした

 

私の喜びは、人を笑わせたり楽しませることです

だから、無償の保育園のお稽古も続けられます

何もかもボランティアでは、流石に気持ちが折れるかもしれません

でも、目先のお金儲けだけを考えたら

本当の自分の幸せに辿り着かない気がします

 

昔、有名なプロデューサーの元で修行しました

その先生は、ある雑誌の編集局長から独立して起業

私は、どうやって成功されたか問うたことがあります

 

「そうやな、俺は何にも出来ない男やったな。だから、仕事を貰ったら

 その人がどうやったら喜ぶか考えた。その人が喜ぶように一生懸命したな。

 そのうち信頼関係が出来て、また仕事を貰えたり、人を紹介して貰ったりして

 金はその後ろから、知らん間に付いてきた」

 

そのようなお話しをして下さいました

私は、この時の事が忘れられません

 

私とその先生とでは、比べものになりませんが

志はそのようにありたいです

 

おっと、手書きポスターから話しが飛躍してしまいました

 

あ、なんだろう? このポスターは?

へぇー、何だか面白そう、楽しそうだなぁ、やってみようかな

そう思って頂けるものを作りたい!

 

とは言いつつ、、、

2日ほど、もっちさんが憑依してくれないかな、とか、、、(-_-;)

 

はてなにおられる、絵師の皆様

35年以上も殆ど絵を描いていない私に

念を送って下さい! 憑依ならもっと嬉しいです!

 

最後は、気合い!ですね!(どこかで聞いた台詞)

さあ! やるぞー!

取りあえず、ご飯を食べてから、かな(^_^;)

本日は、私の独り言を最後までお読み頂き

有り難うございました

明日午後、ついにティーチャーになったお話しをUP予定です

またご訪問下さいね(^_^)/