That's fine

英国人マーガレット・モリスが創ったダンスの事、音楽、日々感じた事などを書いていきます

MMMレッスンレポート 公立保育所2017葉月の巻と川辺の写真&新しい挑戦

f:id:mmm-thatsfine:20170720221009j:plain

 ちょっと盛りだくさんなタイトル。詰め込みましたm(_ _)m

 

お盆の前に、保育所でMMMのお稽古をしてきました

今月は、休み中に撮った写真を織り交ぜ

レポートを書きたいと思います

 

毎度書きますが、MMM=マーガレット・モリス・ムーブメントは

英国人のマーガレット・モリスが創りだしたエクササイズ&ダンスです

↓ ↓ 正式のホームページです

www5a.biglobe.ne.jp

 

MMMは、日本ではあまり知られていませんが、世界の多くの国で

4歳~90歳代の方々が、男女問わず楽んでおられます

幼児には幼児の、児童には児童の成長に合ったエクササイズをします

マーガレットはダンサーで、佳き指導者で、アーティストであると同時に

理学療法士でありました。なのでMMMは身体に無理がなく、かつ芸術的です

 

そのMMMのエクササイズの中で、4~6歳児さんに相応しいものを選んで

いつもお稽古をさせて頂いています

 

さて、今月は「お利口さんクラス」5歳児さんからでした

嬉しいことに、父兄参観と重なり、数名のママパパもご参加下さいました

当然張り切っちゃう私(*^▽^*)

 

f:id:mmm-thatsfine:20170815102813j:plain

 

近所の川。綺麗なので、家族連れも沢山遊びに来ます

浅いところが多いので、小さな子供たちも安心

暑い中レンズを向けた私も、一緒にバシャバシャしたくなりました

子供の遊ぶ姿を見るのは、やはり好きです

 

例え部屋の中でも、このように活き活きとして貰いたい

いつもそう心がけています。勿論ご父兄にも楽しんで貰いたい

ご父兄のことは当日直前に聞いたことなので、準備はしていませんでしたが

子供たちと一緒に童心に戻って頂けたら、と思い同じ調子でお稽古を進めました

 

ウォーキングのエクササイズは、幼児の「Health Play」から愉快なものを選びました

はじける笑顔と笑い声が、私の気持ちを一層奮い立たせてくれます

チラリと見たご父兄も熱心にして下さり、そして笑顔!

それが、更に私の心を弾ませました

 

その後、ちょっぴり難しいバランスをしました

様子を見つつ、無理なく。大人クラスにも同じモノがありますので

やはり直ぐにはうまくいきません。これは次回も挑戦して貰うことにしました

 

そして、子供たちが大好きなエクササイズ。体幹がしっかりしていないとできません

自分がまず美しくないと!と頑張ってみました( ̄^ ̄)

威張ることではありませんね

纏まりよいクラスなので、何事もなく楽しい時間は、あっという間に過ぎました

 

思わず途中で、ご父兄に解剖学的なことも話したり、声を掛けたり

「MMMの良さを分って頂きたい」

あまりメジャーでないダンスですので、つい気張ってしまいます

でも、恥ずかしがらないで参加して楽しんでいただけたことは

本当に嬉しいことでした

 

f:id:mmm-thatsfine:20170815104056j:plain

 

川の流れの美しさ、水の動きを撮ってみたかったですが

う~ん、難しい。腕が付いてきません

少しだけ勢いが収められた気がして、まぁ良し、でしょうか

f:id:mmm-thatsfine:20170815104341j:plain

神戸という都会の中にある、憩いの美しい川

この木の下で涼をを取りながら、被写体を探しました

トンボがいっぱい飛んでいました

あぁ、秋なんだ、、、もうそこまで来ているんだ

そう感じて撮ろうとしますが、私の腕とレンズでは無理でした

 

MMMの創始者マーガレットは、よく森や野原でパフォームしていたようです

その写真が多く残っています

MMMって、こういう自然と合うんだなぁ… といつも思います

 

さて子供たち。最後に3つのエクササイズのヴァリエーションダンスを踊りました

いつも、その場で直ぐできて愉快なものを考えていきます

子供たちもご父兄も、非常に楽しそうに見えましたので

このクラスのお稽古は、自分に合格点を上げたいと思いました

 

さてさて、手強い4歳児さんクラスと入れ替わります

こちらにはご父兄はおられませんでした

いつものおふざけパワーが足りない、と咄嗟に見て取れました

疲れているようにも見えました

 

お盆の時期ですので、田舎へ帰ったり遊びに行ったり

それぞれ、既に色々経験してきたのかもしれません

でもそれだけじゃない…

そうです! 子供たちは成長しているのです!

大人と違い、一月で違いがわかるのですね。ただ疲れているだけじゃない

実際、レッスンはスムーズに進んで、内心驚いていました

こんなに違うものなのか? 一月で?

夏は特にそう思います。夏休みで背が一気に伸びる子もいます

木々が太陽を浴びて伸び伸び大きくなるのと、同じなのかもしれません

 

f:id:mmm-thatsfine:20170818231635j:plain

 

そして実るのですね。いつもは見ない梢。ふと顔を上げて発見!

多分ですが、、、ドングリの赤ちゃん?

とっても初々しく見えました

 

f:id:mmm-thatsfine:20170818231910j:plain

普段気にもしなかった猫じゃらし

何気なくレンズを向けてみましたら、結構よい被写体

決して上手には撮れませんでしたが、目が行くようになった自分に

再び合格点(*^_^*)

 

ドングリや猫じゃらしのように可愛らしい4歳児さんたち

この日は、股関節をテーマにして動きました

お盆でお休みが多かったこともあり、開脚時の姿勢を全員チェック

硬い! 硬いです! 最近の子供たちの身体の硬さは

私の中で大きな問題となっています

勿論、私だけではなく、保育所も、他のお稽古事の先生方の間でも

そして、国でも

 

このままでは、将来ロコモになる可能性が高くなるとのことで

国は真剣に調査しているようですね(将来余計なお金が掛かるのが怖いのでしょう)

実際、現場の声を聞いて貰えれば早いのです

調べるまでもない、3分の2程の子が硬いです!と私は言います

「硬すぎます。何とか早く対策を考えて下さい」

と、直接言いたい。実際訴えておられる医師もおられます

だから、私は保育所や幼稚園でレッスンできないか、と模索していて

今はこのように指導させていただけるようになったわけです

 

身体が100程に分身できれば…

MMMティーチャーを総動員してでも、何とかしてあげたい

私は強く思っているのですが… 思いだけが一人歩きします

 

4歳児さんは、一人一人のチェックの際も、騒ぐことなく

ちゃんと順番を待って、きちんと話しを聞いてくれました

ダンスのお稽古も順調

愉快なウォーキング、鍛冶屋さん、熊の人形など

どれも別人のように真面目にしっかり踊ってくれて

私は少し、目頭が熱くなるような思いでした。嬉しくて

子供たちの成長が

 眩しい

 

老後や年金、なんて話題が増えてきた今日この頃

子供たちと触れ合って、そのみずみずしい感性に触れると

そんなことが頭からぶっ飛んで、消えてなくなるのです

子供たちにダンスを指導しながら

私は毎回、彼らからフレッシュなパワー…なんと言えば良いか

頭から楽しくない未来の想像が消え

身体には喜びが挿入され

心は弾むリズムのようなものを貰います

そうですね、穏やかに、そして楽しくなる音楽

そういうもので満たされる自分を感じる事ができます

f:id:mmm-thatsfine:20170820153312j:plain

ちょっとイマイチな写真ですが

こういう色合いというか、平和な、優しい感じ

写真にすると、きっとこのような感じだと思います

 

子供たちというのは、どんな子であっても、クラスでも

その存在がもう素晴らしい

何もまだ一人前にはできなくても、それ以上の何かを

私たち大人に教えてくれる天使だと思います

 

来年は無理でも、再来年くらいには

もう一つくらい新しい保育園に行きたい

できれば私の住む地域で教えたい(今はお隣の区にいっています)

昔、我が子がお世話になった保育園に行きたい

恩返しがしたいのです

 

子育てが不安で、毎日が苦しかった時に救って下さった先生

あの時の先生方の言葉がなかったら

どうなっていたか分らないくらい悩んでいた、若い私

MMMで恩返しできる日が来る事を願って、そして叶って

だから、もっと

もっと遠くへ進みたい

 

今はまた新しい仕事を依頼され、そちらでMMMのアピールと

自分の鍛錬に努めようと思いますが

再来年に進むなら、もう動き始めなければなりません

子供達の為、自分の為、MMMの為に

 

ん~~~

あまり意気込みすぎると良くありませんね

取りあえず目の前に迫った本番を精一杯楽しんでやってから!

 

音楽会へ出演します

MMMの呼吸を会場の皆さんへ指導して、

その後「歌声」コーラスを一緒に楽しむというものです

踊って指導して、ピアノ弾いて。更に全体の司会も頼まれてしまい

ま、なんとかなるかー、と大らかに構えています

「上手い下手を考えない、楽しむ事が一番にある音楽会を」

そういうコンセプトですので、私がカチンコチンではダメですよね(^_^)

だから、初めての司会役も楽しくやってみます

原稿も作りませんよっ。大体を考えておいて、アドリブです

ピアノでは中々できないのに、口ではできそうな気がします

 

新しい挑戦を、遠くからではありますが後押ししてくれた子供たち

そして、いつも長々したものを最後までお読みいただいている皆様

有り難うございます

纏まりない感じになってしまいました。いつもだけど(-_-;)

音楽会の準備の合間に、なんとか書きました(と言い訳をする)

これに懲りずにまたご訪問下さいね!

(^_^)/

 

*因みに

 緑いっぱいの宝塚の山奥、西谷

 「宝塚自然の家」というところで、26日土曜日に開催されます

 自然の中で音楽を楽しみ、MMMを踊り、歌います

 相方がパートナー♡です ← ハートは違うかな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MMMレッスンレポート 公立保育所 手強い4歳児さんに更に磨かれた文月の巻

f:id:mmm-thatsfine:20170720221009j:plain

 

今月も無事にレッスンを終えました…上旬でした…(^_^;)

 

さてさて、いつも楽しい保育所でのMMMのお稽古!

手強い4歳児さんとのレッスンは?

 

いつものように、ワーーっと私の所に集まってくれた4歳児さん

変わらず元気いっぱいです

今日こそは! こちらのペースに引き込んでみせるぞ!

私は、結構気合いを入れてスタートしました

 

プログラムも、どちらかというと動きが大きなモノを選んで

途中で気が散らないように工夫してみました

七夕が近かったので、それにちなんだテーマで進めましたが…

う~~~ん、、、私に慣れてきた子供たちは前回よりもはしゃぎます

突撃される、お尻ペチペチ、抱きつき攻撃等々…(>o<)

 

「時計のエクササイズ」があるのですが、

それは何故か皆、真面目に?集中してくれました

ん? 何故だ? これだと纏まる?

なるほど、、、こういう系のだと上手くいくのかもしれない…

そんなことを考えながらも、目の前の子供たちの様子をじっくり観察です

 

最後は、始めに練習した呼吸のエクササイズを

私がピアノを弾いて、それに合わせてやってもらいました

 

「先生、ピアノ弾けるんや~~~!」

 

と、これまたワイワイ♪

ちょっと凝ったコードを付けて、「技」も入れますと

多少驚いたのか、少し静まりました。これは狙い通りでした

彼らに背?横?を向けるような体勢になり、私は鍵盤を見ますので、

わっ、なんか凄い!みたいにしないと大騒ぎになる、と考えました

 

しかし、分るのですね。ちょっと洒落たコードを付け、技を入れた演奏が

なんだか凄いモノ?として聞えて彼らを黙らせる

子供たちは、どこかで何かが違うと察知しているのですね…凄いなぁ

 

ワハハハ、そうなのだよ、私はピアノの先生でもあるのだよ~~

などと言いつつ、「なんとか」無事に4歳児さんを終えました

 

しかしなぁ、、、やはり手強いぞ4歳児さん!

私は、終わる頃に気付きました

今までのクラスと同じ事をしても、このクラスではダメなんだ

時計の時にうまくいった、そのことがヒントだ

5歳児さんと入れ替わる間、私の頭の中ではそのような考えがグルグル

 

かつてなかったパターンではあるけども、クラスによっては

こちらがやり方を変えていかなければいけないのだ

 

物語の中へ引き込むことが、一つのレッスンの効果でもあります

ないものを想像し、あるかのようにして遊びつつ身体を動かす

でも、どんなに力を尽くしても引き込めない、ということもある

「綺麗なお花がいっぱいだね~」

「お花ないよ」

これは、2年前のクラスでもありましたが、それは本当に

想像することが困難な数人の子供たちでした

今年の4歳児さんは、そういうことではないようです

お話しに乗ってくる子もいますが、元気でワンパクなお友達がふざけて何か言うと

一挙に流れがそちらに行ってしまい、現実に戻ってしまいます

 

一端、4歳児さんを終わります

 

皆と入り口でハイタッチしてお別れした4歳児さんと替わって

お利口さんのクラス、5歳児さんがやってきました

お利口さん、というのは私たち大人にとって「やりやすい」という意味です

所長先生も言われていましたが、5歳児さんはとても「優等生タイプ」のクラス

先生に面倒を掛けることが、「表面上は」少ないとのことで

私の前でも、それはその通り

学年のカラーというお話しをしたことがありましたが

こんなにも違うものか?という程違います

 

こちらは学年が上がりましたので、物語では進めません。エクササイズを3つします

そして、最後にヴァリエーションダンスを踊るというパターンです

ウォーキングのエクササイズ、腕のエクササイズ

と、進んだところで、4歳児さんを見ていた子供たちから

「先生ピアノ弾いてたでしょー!」

と言う声が飛んできました

 

このクラスは、私がふざけても、瞬間的にワーーーとなるけど

直ぐにこちら戻ってきてくれる「優等生」

そこで私はふざけて「え? 見てたの?」とわざとらしくびっくりして言いました

「見てたーーーー!! ワイワイガヤガヤ」

そこで、ちょっと後ろを向いて「恥ずかし」照れ照れ

と、やってみせると大うけ! やった…ウケた…快感…:(ちょっと古い)

 

「先生、もう一回やってーー。恥ずかし、ってやってーーー」

 

そういうリクエストが来ましたので、私は最初からもう一度同じ事をしました

子供たちは大喜びでゲラゲラ笑ってくれます

そして、予定になかった5歳児さんのクラスでも七夕を弾いて歌うことになりました

 

急遽エクササイズを一つ止めて、「リズムでダンス」

と、私が勝手に名付けた愉快な音楽に合わせて、リズムを取る練習をします

同じメロディーなのですが、どんどんアレンジが変わっていくのです

ゲーム風、ロックンロール、スイングの5拍子、サンバetc.

これは、先生にも好評でしたので、また忘れた頃に違う振りでやってみます

 

で、最後に七夕です

咄嗟に、簡単な振りを付けました

「ピアノ弾くから…あ~…担任の先生が覚えておられるから見てやってね!」

先生にお任せして、ピアノを弾き歌い、簡単なヴァリエーションをしてもらいました

子供たちは満足げで、それを感じた私も充実した気持ちになれました

ただ、時間が押してしまったので、最後にやるストレッチが出来ませんでした

子供たちは、お昼ご飯なのです。あまり後ろへ行くと

先生方にもご迷惑が掛かりますので、そこで終えました

 

2クラス終えて

所長先生とお話ししました

今年の4歳児さんは本当に手強いらしくて、担任先生も毎日奮闘されているとか

あぁ、私に対してだけではなく、ホントそういうカラーなのだなぁ

 

決して悪いわけではありません。むしろとても利発で子供らしいのです

裏表がない感じと言いますか、思った通りに口に出してしまう、

したいようにする、ちょっとおふざけが大胆、なのです

5歳児さんがあまりに「良い子ちゃん」なので、一層手強く感じるのです

私は嫌だ!とは少しも思っていません。むしろ沢山の事を教えてくれる

実践の先生?みたいな感すらあります

 

工夫する、、、思った通りに動くクラスだけでは

それをする必要がなく、私はやがて錆びて融通が利かない先生になるでしょう

この3年目という節目で彼らと出会えたことには、意味があると思っています

1年目ならアップアップしていたかもしれません

初めて一人で対峙する30人を越えた子供たち。それだけでドキドキでした

今だから出会えた。そんな気がして仕方なのです

 

神様は、必要な時に必要な課題を下さいます

無理な時には、大変な課題を押しつけたりはされないのです

その時にしか乗り越えられないものを、与えて下さるのです

ん~…というか、やはりどんな時でも、その時に越えるべき課題、でしょうか

 

この件について、恩師にもアドバイスをお願いしました

先生の口から出てくるのは、私にはなかった発想や、子供たちへの言葉

あぁ、そんな風に言えばもしかしたら上手くいったかもしれない、、、

たゆまぬ努力と勉強と、豊富な経験をお持ちの先生

私からの突然の質問に、的確なアドバイスを下さる先生

やっぱり私たちのAya先生は素晴らしい! 

 

あ、感心ばかりしていても進めませんね!

さぁて、新たな作戦をたてて、また来月子供たちと愉快なレッスンをしたいと思います

 

最後に

私が帰ろうと出たところ、お迎えに来られたママさんと出会いました

4歳児クラスの女の子のお母さんでした

所長先生が、私をママさんにご紹介下さったところ、ママさんが言って下さいました

 

「あぁ! ダンスの! この子はダンスの日がとても楽しみで、いつも帰ってくると

 その日にやったのを踊って見せてくれるんです」

 

ダンスが楽しみ? お家で踊っている?!

(T-T) ウルウル…

 

やんちゃで手強い4歳児さんクラス

たとえそうであってもね、私はね、私は

みんな、大好きだーーーー!!!

 

 

3000字を軽く越えました。毎度でございますm(_ _)m

いつも長いものを最後までお読み下さいまして、有り難うございます

未だ肩こり腰痛ありますが、良くなってきています

今度は、放置していた顎関節症が…口が開かなくなってきて慌てています

次々降りかかる難儀を振り払い、またボチボチ更新致しますので

どうぞこれに懲りずに、またご訪問下さい

(^_^)/

(改)イケメン猫ヒビキと、お姫様猫ルナの今更ですが「夜中の七夕けんか祭」 おもしろニャンコの写真と大阪弁で綴ります

*お詫び

 8日に投稿しました

 写真に容量があると知らずにばんばん上げていました

 私には見えるので何も気付きませんでしたが

 他の方からは、途中から写真が見えないと分りました

 何故か一日たった頃、私も写真がでなくなり

 サイズを下げ、数を減らしました。これで見えるとよいのですが…

 一度、上げてみます ごめんなさい

 

では、ここから始まり~始まり~

ド~ン! フフフ… ヒビキやで~

今日は大阪弁やねん
僕シブイやろ? めちゃカッコええやろ?
これはな、8日の朝というか、7日の夜中というか、の話しやねん
え? ちょっと顔怖いって? 僕の目はな、真実を見抜くからな
なんか… 心にやましいことがあるのとちゃう? 知らんけど

 

もう2時やん。ボチボチ寝なあかんかなぁ 

ウトウト… ん?

ルナお姉ちゃん、、、のお尻?!
(短い)脚で頑張って、外見てはるわ

なんやろ? 

なぁーなぁー! 何見てるん? 僕も-、僕も見たいーーー

おねぇちゃ~ん、なに見てるん?

 

はっ! 来んといて!

 

わ~~~! なにするねん、イタイ、お姉ちゃん!!

来んとんてって! ほっといて!

僕も見たいーー、何しとったん? なーなー


うるさいわ!あんたが邪魔するから
お願いごと、叶わへんようになるやんか!! 年に一度の日やったのに!

 

・・・・・・・・

 

こうして僕らは、夜中の2時に暴れまくって、走りまくって

お父さんが起きて、怒って「近所迷惑やから、なんとかしてーや」

と言われて、お母さんが起きてきてしもたんや

 お母さん、喉が腫れててしんどそうやったのに、写真撮ってくれてんで

 

 

暫くして 

 

 

ぜーぜー、、、グッタリ…
あ、そうかぁ。七夕さまやってんなぁ
分った

お姉ちゃんのお願いごとは、もっとお姫様みたいに綺麗にして~

なんとちゃうん? そやろ? なー、そやろ? なーなー

 

………

 

 

図星やな? って、お姉ちゃんのお願いごとはそれしかない!とも言う
ひゃっひゃっひゃっ!

 

一つ言うとくわな

私は、もう既に綺麗やねんな。せやから、これ以上はええねん

みんなが仲良く幸せに暮らせますように、とか

雨がこれ以上酷く降りませんように、とか

もっと、スケールの大きなことを、

 

壮大すぎるわ! 宇宙の話しやわ
お姉ちゃんがそんなこと、あり得へん… え…?!

 

ひ び き ~✨

 

 

お、お姉ちゃんが光ってる!! ホンマにお姉ちゃん?

 

これが、私の本当の姿なのよ

 

急に東京弁やし

 

お姫様には、大阪弁は合わないみたいだから止めるわ

私はマザー・ルナ (はぁ?!←ヒビキ)

宇宙からやってきた、愛と美と平和の象徴なのよ (はぁ?何言うてるんか分らん)

あぁ、何て美しいの私って。自分で自分が眩し過ぎるわ

そして、お祈りするの、皆の為にそうしたらきっと、美味しい、ちゅ~る… 

 

う~んしょ! 僕、腰から下は機械の上で休めてな、両手で踏ん張ってるねん

なぁ、皆見てる? 凄いやろ~? ほんで、僕めっちゃ可愛いと思わへん? な? 

って、それはいいねんけど
壮大な祈りを捧げる宇宙から来た猫

ルナお姉ちゃんの、ホンマの姿、見せたるわな

 

それは、これや~~!! きゃ~~~

怖いやろ? こういう猫を二重にゃん格?って言うんちゃう?

大好きな「ちゅ~る」をもの凄い形相で貪るルナ姫は、エイリアンや~

ひゃひゃ! ……ひゃっ… わ、お姉ちゃん! やめて、わ、わ

 

 

わぁあああああああ… おかあさ~~~~ん……

 

 

・・・・・・・・・・・・

 

 

 暫くして

 

ぼ、僕… 生きてるの?

怖かったよぉ…シクシク…

 

にゃん (こうなったら、可愛いポーズで誤魔化すしかないわ)

にゃん♡ (ほれほれ、この可愛さ!)

♡♡にゃぁ~♡♡ 

お待たせしてごめんなさい、ちょっと弟がね…ウフフフ

私の可愛いポーズ、楽しんで頂けたかしら?

 

とっても怖い写真がUPされているみたいだけど…

あれが私? ワイドショーが騒いでいるって? 文○さんがスクープ?

そんな怪文章が出回ってるの? 私は知らないわ

もし本当だったら、「お姫様を辞職します」って言うわ

 

ところでお母さん!! なによ、これピンぼけじゃない!

 

え? 夜中の3時に猫の写真撮るのは初めてだった、

とても疲れていたから、限界だった?

それはそう、よね、、、あの… 響、ちょっと来なさい

 

え?! もう噛まんとって!

 

大丈夫だから、おいでって、、、ゴソゴソ…

お母さん

ごめんごめんごめんごめん ごめん×10くらいごめん

お母さん、赦して。ごめんなさい

 

うわ~~~めっっちゃ上から目線やし。まだ光ってるし。怖わ~ブツブツ…

 

き こ え て る ねん けど

 

皆さん、にゃんこは夜行性

人の都合に合わせられない時もあるの…ごめんなさい

だけど、どんな時も家族を愛しているわ

お父さんと、お母さんしかいないのよ、私たちには

 

いつか…

私も響も歳を取って、、、取らなくてもエル兄ちゃんみたいに

仔猫でも病気で天国へ逝ってしまうこともある

一緒にいられる時間は短いの

私たちには長い猫生なんだけど、人から見ると短い…

 

だから… 

 

七夕様のお願いはね、ちゅ~るがいっぱい食べられますように!

何時までもお姫様で綺麗でいられますように

家族仲良く、少しでも一緒に長く暮らせますように

うちだけじゃなくてね、みんな、みんな!!

 

そして、大きな災害がこれ以上起こりませんように…って…

沢山の方が災害で大変な思いをされているけど… きっとペットたちも…

私たちのことも、少しだけで良いから覚えていて欲しいの

ルナと響のお願い!

 

ということで

皆さん、今日は私たちのお話しを、最後まで読んで下さって嬉しいわ

感謝しています。ありがとう!

これに懲りずに、またここへいらしてねっ

お母さん、次は近いうちに保育所のレポート書くみたいよ

楽しみにしていてね

では、ごきげんよう~(^_^)/                                          

 

さぁて… 響、、、ヒビちゃ~~~ん、さっき言ったこと

 

もういっぺん、言うてみんかい!!!

 

や、やめて~~

ぎゃぁあああああああああ  おかあさ~~~

 

 

Fine
 

音楽に呼び戻され昔を思う ~4年前のFBの記事を見つけて 『光と影と』~ 

これは昨日書き、予約投稿しました

今年の半分が過ぎ… Gを感じる程の速さでしたなぁ…


FBをされている方も多いかと思います

私も、こちらでブログを書くまでは、結構頻繁に

FBらしくない?長い記事も投稿していました

最近はこちらがありますし、どちらにしても

あまり頑張って(凝るから)書けないので、

ぽつぽつです

 

で、

自分を整理する為に書く、というご経験がある方も多いのでは?

私は、そのようにFBを使うこともありました

 

書くと、自分の心が見えてくる、分る、そして整理出来て

最終的にはスッとする

人に読んで頂くと言うより、自分がスッとしたいから書いてしまった、とか

 

私は、未だにブログとは? が分りません

調べたこともあります

「皆さんが知りたいことを書く」「良い情報を広める」

等々、指南して下さる記事が多くありました

その一方で、何を書こうが本人の好きで良い

という意見もありました

 

いつも別に大した事書いていませんが、今日はもう全く

日記でも良いようなお話しで、更に

そのことの前置きが、長くなったことをお詫びします

 

で、以下は2013年の今日、FBに投稿した内容です

宜しければ、この曲を掛けながらお読み下さると…別に何もないですm(_ _)m

 

www.youtube.com

 

ちょっとしんどかった月曜日、でした(+o+)
やっぱり睡眠は大事ですね
今夜は朝まで熟睡できますように!

ジャズなんですが、これはポピュラーっぽいアレンジ...
でも、私はこれが好きです

 

かなり前に、この曲を劇団で使いました
次回作の予告編のBGMとして…

 

懐かしい

 

あの頃は、何も怖くなかった
めちゃめちゃに忙しくて
でも楽しくて面白くて
未来から光がさしているようでした…
何時も手を伸ばしていた
その光が欲しくて 手に入ると信じて

 

今は

 

もっと仄かな…小さな、でも温かい光がほしい
というところでしょうか…
おやすみなさい

  

『SKYLARK ~ひばり~』

ひばりよ、
私に何か伝えることはないの?

教えてくれない?
私の恋人となる人は どこにいるのかを

霧に包まれた草原で
私の口づけを待っている人は いなかったかしら?

ねえ、ひばりよ、
春の蒼き谷を見に行った?

暗闇を越えたところの
花びら舞う小道に 雨が降り注がれるその場所で

私の魂は愛を求め
旅しているはずなんだけれど...

ひとりぼっちで夜空を飛ぶとき
不思議な音楽が 聴こえてこなかったかしら?

青い火の玉のように消えそうで
でも時に愚か者のように熱狂的で

そして月に歌うジプシーの悲しき調べのような
あの音楽を...

ねえ、ひばりよ... 私の望むものを 
あなたが見つけられるか 私には分からないけれど

でも私の心はあなたの翼に乗って 
共に旅をするわ

だからもしも何処かに
私の望みがあることを感じたならば

お願い、私をそこへと
導いてくれない?

 
そして、その下にこのSKYLARKが貼り付けてありました
 
4年前の今日、私はその時点で、その更に20年くらい前を振り返っています
 くどく、その部分をもう一度下記に張りますと
 

懐かしい

あの頃は、何も怖くなかった
めちゃめちゃに忙しくて
でも楽しくて面白くて
未来から光がさしているようでした…
何時も手を伸ばしていた
その光が欲しくて 手に入ると信じて

 

この部分と音楽が、一挙に私をその当時へ連れ戻しました

 

仲間たちとオリジナルミュージカルを創っていた頃…

次作品『Angel  光と影と』という私の作品の予告編

それは、気合いの入った予告編でした

写真をセミプロに撮って貰い、ナレーションを入れて

この曲がその後ろで流れているのです

 

「何時も手を伸ばしていた その光が欲しくて 手に入ると信じて」

いたのですね

20代でしたから。バブルがはじける頃でしたか

「諦めなければ、夢は終わらない」

という、劇団の親友の言葉を心から信じて

いつか、きっと!と仕事と、劇団という趣味に没頭

+家事、、、はそこそこ…いまより頑張っていた気がするけど、そこそこ

 

私の顔は何時も上を向いていて、眩しい光を見つめていました

 

眩しい光

それは、あんまりじーーっと見過ぎると目に悪いです

白内障?とかになりやすい?のかな?(^_^;)

いつも上ばかり見ていると、転ぶ、ぶつかる、時もある

だいたい、ずっとだと首に負担が掛かって良くない姿勢です(^_^;)

手を伸ばしてばかりいると、、、脇が引き上がって良いのですが

手がダルいです。下ろしたり、上げたりじゃないと、ね(^_^;)

 

若い頃には思いもしなかったこと

 

今は
もっと仄かな…小さな、でも温かい光がほしい

 

と、4年前に気付いていたようですね

 

これって、歳の成せる技なんでしょうか?

それとも? 悟り? 

 

若い頃の良さ 熟年の良さ

どっちも、良いですね!(*^_^*)

 

そして、SKYLARK

劇団時代の懐かしさ、だけではなく

その頃の私の気持ちと、共鳴する何かがあったのでしょう…

でしょう、と書いておきます、、、

 

今もこのアレンジ、歌声が好きです

久々にじっくりと聴いて、浸ります

 

輝いていた頃の自分 

そして味わい?の出てきた頃の自分

 

愛おしいなぁ…

 

心の中で 抱きしめる 

二人の私を強く 抱きしめる

そして今 

そうできる自分が 

とても 愛おしくて

私の代わりに にゃんこを撫でる

ゴロゴロ…

気持ちいいね~ 幸せ、だよね?


細やかな、、、わ! 長くなっちゃった

短くしたつもりが…><。


本日も、最後までお読み頂きまして、有り難うございます

う~ん、、、何が言いたかったのかなぁ


これに懲りず

またご訪問下さいね(^_^)/



MMMレッスンレポート 公立保育所2017 皐月&水無月の巻

f:id:mmm-thatsfine:20161214154553j:plain

今年で3年目に入った公立保育所でのマーガレット・モリス・ムーブメント

通称MMMのダンスのお稽古 ↓ こちらがジャパンのホームです

 

またブログで書こうと思っているのですが

お義母さんが急遽、自宅を引き払い神戸、我が家の近所に引っ越してくるという

私には大事件がありまして、正直かなりお疲れモードの中で

皐月のお稽古は始まりました

 

さぁ、待ちに待った子供たちとの楽しい時間!

の筈が、何とかやりこなさなくては、、、という状態で

ダメだ、元気を出すのだ、そのテンションでは子供たちに指導できないぞ!

私は何度も自分に言い聞かせましたが、鏡を見たら、顔がドヨ~ン

大丈夫かな? 私…

 

5歳児さんからでした

昨年からお稽古していましたので、皆が覚えてくれています

向日葵のような笑顔が見えて、私は喜びで一杯になりました

皆が集まってきて抱きついてくれました

大きくなったね~、元気だった?と声を掛けます

 

「僕ね、○○へ行ってきてん」

「そうなんだ~……」

 

子供って本当に面白いですね(^_^;)

 

学年が上がり、そして半年という時間が過ぎて

子供たちは、驚くほど成長していますので、こちらもそれに合わせます

物語に引き込むことなく、エクササイズをお稽古して

(4歳児さんでは、物語の中で色々なエクササイズをしていきます)

最後に、それらのヴァリエーションダンスを踊る、というもの

幼児のための「Health Play」と児童のための「Children Grade」を混ぜています

子供たちは、月に一度で半年間が空いていても、上手に呼吸をし

そして、昨年はうまく動かせなかったことが出来るようになっていました

本当に嬉しいことです

 

久々だったからかな。纏まりよい、やりやすい学年ですが

少々ハイテンションでした。まぁ、それも仕方ないかな

う~ん、それにしても…今日は気が散るなぁ…

その時は、久々だからかな? 戸惑ってるのかな? と思っていました

 

そして初めて会う4歳児さんたち

学年の「色」というもの、ありますよね~

不思議ですが、同じ4歳児さんの集まりでも、去年の4歳児さん

つまり、今年の5歳児さんのクラスとは、全然雰囲気が違いました

 

今年の4歳児さんクラスは、少々手強いと感じました

結構冷静で、リアリストが多い? のだろうか? と

呼吸の練習をし、綺麗な姿勢を指導して、さぁ「Health Play」のエクササイズ

物語の世界に連れ込んで、お話しと関連させて動いていきます

 

「お花がいっぱい咲いてるね~」

臭いを嗅ぐ=呼吸の練習だったのですが

「お花、ないよ」

「……」

 

何とかその場を脱しましたが、これを言われるのが一番辛い

今までもありましたが、今回は何かが違っていました

私は、お稽古を続けながら、あることに気付きました

 

それは、私の顔! ドヨ~ンとした顔(見えないけど、きっとそんな顔していた)

気合いを入れても、どうしようもなく疲れてしまっている身体

 

子供たちには、もの凄い察知能力があります

こちらが元気オーラをガンガン出して、パワー全開でいてこそ

世界に入り込んで、つられて一緒に動いちゃった! となるのですね

 

なので、こちらにパワーが足りないと、現実に下がってしまう

最悪、数人が飽きて遊び出すと、たちまち学級崩壊です

一人の少女の「お花ない」という言葉で、私は自分のパワー不足に気付き

いかん! これはいかん! と、自分を叱咤激励しました

5歳児さんが纏まりなく感じたのも、私のパワー不足だったからに違いありません

 

なので、絞り出すように力を出して、決してこの物語の世界から出さない!

そのくらいの覚悟でお稽古を続けました

結果、なんとか崩壊させずにやり遂げられました

 

子供たちは、楽しかっただろうか…

人間ですから、常にパワー全開!と出来ないこともありますが、

子供たち相手だと、その言い訳は通用しないのですね

そんなことを子供たちに見抜かれて、現実に戻したらいけないのだ

クールダウンしながらも、私は反省しきりでした

 

終わって、教室へ帰るため整列させようとする担任の先生

反省ばかりしていた私の所へ、ワーーーと皆が集まってきました

抱きついてくる子、ハイタッチ~~と叫ぶ子

皆が笑顔で、また来てね~と言ってくれました

よかった! 楽しんでくれたのだ!

 

そして、最後まで残っていた女の子が私に言いました

 

「わたし、おねぇさんのこと、だいすき」

 

おねぇさん!

 

この時の衝撃と戸惑いを、どのようにお伝えしたらよいものやら

私は五十路街道を懸命に走っております

4歳児さんと言えば、孫でもおかしくない。なのに…

私は、反射的に担任の先生の顔を見てしまいました

(恥ずかしい…どう思われただろう…)と…

それでも私は、少女に言いました

「有り難う。おねぇさんじゃないんだけどね」

 

何故、「わぁー有り難う!! 嬉しいなぁ! 私もAちゃんが大好き!」

そう言えなかったんだろう…おねぇさんじゃないんだけど、って…

そんなワードに引っかかるより、少女が大好き、と言ってくれたこと

そのことの方が遙かに大きなことではないか! なのに私は…

もしかしたら、今年最初のお稽古の一番の反省は、これかもしれません

 

その反省を胸に、水無月のお稽古

私の疲労は、実は一層酷くなっておりました

(皐月=マンション改装中  水無月=お義母さん、やってきた!)

しかし、二度と同じ事はしません! 

前日に気休め?の栄養ドリンクを買っていました

気合いの一本!をグビグビ飲んで、いざ出陣

 

4歳児さんからでしたが、皆驚くほど先月のことを覚えてくれていました

しかし手強い今年の4歳児さんクラス

「風船が割れちゃった」と言いますと

「僕のは割れなかったよ~」

と、風船を見せてくれる男児が現れました

 

膨らませた大きな風船で空を飛んでいた→悪戯カラスにつつかれて

割れて河原に落ちてしまった→次は川を泳いで渡ろう→泳ぐようなエクササイズ

という流れでしたので、河原に落ちてきて欲しいわけです

いかん! このままでは、皆が私も、僕も割れない!と言い出すだろう

私は、沢山のカラスを登場させ、私主導で

全員河原に落ちてしまったことにしました

 

今思うと、割れなかった事をうまく使えたらよかった。折角見せてくれたのに…

何か他の作戦で、いやもうその瞬間から違う方向へ物語を転換させる

そのくらいの臨機応変さがあってもよかった、と思います

MMMの大らかさ、自由さ。それをまだまだ生かし切れていない

青いな、私…(。。) だからこそ、今年の4歳児さんたちに出会ったのかな? 

4歳児さんは、私のキャリアを一層磨いてくれる、かもしれません

 

5歳児さんは前回より落ち着いていて

少し複雑なことも、真剣な表情で私を見ながら

集中してエクササイズに取り組んでくれました

一つのエクササイズでは、カウントに&が入ります

何故だかみんなそれがお気に入りで、1,2&3,4と大喜び

お陰で、あまりカウントに遅れず出来ました。すっばらし~い!

 

この日は、4歳児さんも5歳児さんも、比較的うまく纏められて

自分としては、ホッと一息でした。反省は尽きませんが…

 

4歳児さんも、5歳児さんともハグハグして、ハイタッチして

満開の笑顔で、今月も保育所でのお稽古を終えられました

そして、前回と同じ少女だと思われる子が

 

「わたしね、せんせいのこと、だいすきなの」

 

先生!

 

私は、少女を抱きしめて言いました

「ありがとう! 私も大好き! みんなのこと大好きよ」

 

先生、と認識して貰えたことが嬉しかった

そして、おねぇさん、でなければ素直に少女を抱きしめられたことは

う~~ん

私は、変な事を気にしすぎるのかもしれません。年齢…とか…

 

MMMの本部がある英国では、90歳の先生が子供たちを指導されています

マーガレットに直接習った、というような大先生です

サマースクールで生徒さん方のダンスを観ましたが

大人も子供も、皆さん素晴らしかったです

あのように子供たちを育てたい。何歳になっても

 

何年指導していても、「教える」ことは勉強の連続です

「教える」ことで、指導者もまた「学ぶ」のですね

技もとても大事ですが、「教える」事は経験値が大きいと感じます

個人の少人数クラスも楽しい。だけど30数人の保育所

楽しい・嬉しいを与えてくれると同時に、私を磨いてくれます。ガリガリ、と

これからも、4歳児さんにダイヤモンド!まで磨いて貰いたい、です(・▽・;)

 

マーガレット・モリスは高齢になっても舞台にたっていたとか

f:id:mmm-thatsfine:20170620144854j:plain

ちょっと確信が持てないのですが、こちらの写真がそうではないかと思います

これこそ「おねぇさん」! 因みに後期高齢者なお歳だと思います

 

何気なく見えるポーズですが、このヒールの高さでバランスを取っている

腰は右に、胸は客席に開いていて、そしてかなり後ろに傾いています

全身がしっかりしていないと支えきれません

素晴らしい… だからこそ、私たちは伝えたいのです、MMM

Margaret Morris Movement - Home

 

本国のページです。お時間ある際に覗いてやって下さい

写真が沢山ありますので、MMMというダンスを

視覚的に感じて頂けるのでは、と思います

 

本日も長いものを、最後まで読んで頂きまして有り難うございました

これに懲りずに、懲りないでね… またご訪問下さいませ 

(^_^)/

 

何かを休むという決心が難しい。無理をしない小さな勇気

響 「zzz…」

と、このようにニャンコはいつも

自分のペースで好きに生きております

その姿を見ていると、自分は何をしているんだろう

などと考えることもしばしば

 

で、今日の夜のお稽古を休む、という決断をするのに

随分時間が掛かりました

行く気満々だったので、それを覆す理由が必要でした

 

そうなんです

私は休みたいから休んだ、のではなくて

休まないとヤバイだろ? 止めとかないといけない

そう感じたので、お休みしたのです

その小さな決断が、中々出来ませんでした

 

ちょっと義母のことで、大きな流れが我が家に押し寄せまして

この春からずっと、疲れたと感じては「いけない」状態でした

そんなことをジックリ味わってしまったら、私はもう働けなかったからです

 

私は、その働きを結構楽しくやりました

しかし、結構楽しいことであっても、かなり負担でありました

詳しくは、いずれ「お義母さんがやってきた」みたいなタイトルで

後日、己の心を見つめつつ書いてみたいと思っています

 

さて、それで私は自分で疲れを自覚するのがヘタです

今まで、道でクラクラして倒れ込む、とか

突然目が回って起き上がれなくなった、とか

昨年はついに、気を失って救急搬送です

(これは疲れだけではなく、色んな原因で起こったようです)

そこまで来て初めて、私って張り切りすぎました、となります

 

流石に懲りましたので無理しない、という「練習」をしています

ちょっと変だな、しんどいかな? 頭も痛いな

そういう日は、「大丈夫。お稽古した方が楽になるよ」

そういう心の声を打ち消し、休んだほうがいいよ、と言ってみるのです

 

今日は、「無理したら=いつもなら」夜のお稽古でも行っていました

だけど、先日かかりつけ医に

「出来るだけ寝なさい。朝はきちんと起きて、食事する。

 でも、寝たいだけ寝なさい。3時以降は起きているように。

 そうやって、一度疲れをリセットしてみないと」

等とアドバイスを受け、そうかぁ、と…

 

今日の決断に一番自分で納得出来た理由は

「人に迷惑をかけてはいけない」ということでした

 

気絶したとき、周りにいた人は、先生はどれだけ驚かれたことか

仲良しの友人は、どれだけ不安に思ったことか

友人が夫の会社に電話してくれました

事情を聴いた会社の方、そして知らせを受けた夫

後日、その話を聞いた我が母、トモコさん

どれだけの人を心配させ、迷惑をかけたか、ということです

 

今日は、少し頭痛がするのですが、このことを今一度

自分に言い聞かせるため、そして忘れないため

ここに記すことにしました

 

世の中には本当に休めない方々が沢山おられます

私のことは、取るに足らない小さな事で、どうでもいいことですが

「休む」という決断をする、ということは

とても大切な事ではないか

自分の為に

家族や周りの人のために

「う~ん、今日は無理せず帰ろう」「今日は止めておこう」

出来るのであれば、このような小さな決断が

もしかすると、大きな結果に変わるかもしれません

 

「お母さん。今日はおうちにいてくれて有り難う。

 わたし、ツンデレだけど…今日は素直に言うわ。

 響みたいに寝て欲しいのよ。そして、このブログはもうここでお仕舞いよ」

 

ルナちゃん…(;_;) ウルウル…

 

「僕は、お母さんが大好き。だからずっと一緒がいい。

 ムニャムニャ…zzz…」

 

ヒビビ(響なんですが…時にビビビになります)

軽く1000文字以内と思っていたのに、とうに越えてしまったよ

これもいつもの、やり過ぎだね?

 

ということで、今から遅い食事を摂ってダラダして

明後日のお稽古には元気に、楽しくいけるようにしたいと思います

 

なんてことない、いつもですが…記事を最後までお読み頂きまして

有り難うございます

殴り書きしました。きっと誤字脱字酷いと思います。お詫び致します

 

実は、明日に予約投稿しております

保育所のレポートです。長いです(-_-;)

どうかこれに懲りずに、明日もご訪問頂けると

疲れもぶっ飛び、私の栄養ドリンクとなりますでしょう!

なんのこっちゃ、分りませんが…これにて失礼致します

(^_^)/

 

 

 

 

 

 

映画とコンサートを鑑賞して。アートに触れ鳥肌が立った!の鳥肌は誤用?…だとかなんとか?

 

ホームからお借りしました

先日MMMの友人と観てきました

ロイ・フラーというモダンダンサーが主人公で

彼女が生み出し、そして極めていったダンスが

彼女の過酷な人生とは対比的に、美しく映像化されていました

 

(アメリカ映画ではないので)派手さはありませんでした

でも、女性監督の美意識というか、映像美がスクリーンに広がっていました

 

彼女は、シルクの白い大きな布に身を包み舞います

そして彼女は、そこに照明を当て、色を変えることも考え出します

私は、MMMの先生試験で「モダンダンスの歴史」というレポートを書きました

その中で、彼女の事をある程度勉強していたのですが

映画を観て。その当時これを見た人は、とても驚き、感動しただろうと思いました

 

どのようなダンスか知っていた私が、これは映画と分って観ていた私が

その美しさに、ゾワワワっとしたのです

いくつかのシーンで、所謂「鳥肌」状態になりました

 

ちょっと、このお話を一端置いておきます

 

その後、私は夫と一緒に市民楽団のコンサートに行きました

神戸市ではなく、甲子園球場のある西宮市の交響楽団

MMMのメンバーの方が所属されていて、よく二人で行くのです

ホームからお借り致しました

リストの交響詩とピアノコンツェルト

そして、ブルックナー交響曲7番

中々シブイ?プログラム、と私は感じました

特にブルックナーの7番

よく演奏会の案内等で見るのですが、生で聴くのは初めてでした

 

リストなぁ… う~ん

交響詩という形を作った作曲家ですが、オーケストレーションは…

と、いう印象なんですよね、どうしても

ピアノの魔術師ですから、オケは苦手なんじゃないの?

と思って調べると、弟子がオケに編曲していた、という話しを見ました

そうだったのか… 勉強不足でした

 

なので、私としてはPコンはそれなりに楽しめたかな

ピアニストは大学生の女性でしたが、pの弱い音がとても綺麗で

オケとの会話というか、それがとても上手くいっていた気がしました

 

ブルックナーは、私はあまり聴いたことがありませんが

今日の7番は、美しかったです

ワーグナーチューバというあまり見ない楽器が活躍していました

「ワーグナーホル...」の画像検索結果

金管楽器の人は、こりゃ難しいやろうなぁ、という曲でしたが

なんせ、美しいのですね、メロディーやら和声やらが

どこかは覚えていませんが、何度かゾワワワっに襲われました

 

「鳥肌がたったわ」

私は、ロイ・フラーの美しいダンスシーンでも

コンサートでも、そのようにゾワワワっとしながら、そう思っていましたが

そもそも、鳥肌がたつとは? 何だろうと思って少しだけ調べてみました

 

このような、映画や音楽を観たり聴いたりしても

ゾワワになる人と、ならない人がいるということ

そして、本来ゾワワワ、は寒気などで起こる現象で、音を聴いてゾワワワって

鳥肌がたつのは、学者さん曰く、不合理らしいです

 

私がゾワワワしたのは、鳥肌が立ったわけではない

中には「粟立つ」という表現が適しているように書いておられる方もいました

 

「鳥肌ものだよね~」なんて、しょっちゅう使っていますが

神経がとか、なんとかからいくと、違うらしい

でも、私はコンサートの途中で太ももや、腕が「粟立った」ように感じ

それを「おぉ、鳥肌たってるやん」と思って聴いていたのです

 

今ここまで書いて思いましたが

科学的に何でも解明してしまったり、というのも面白くないかも

本来立たないはずのものが、感動したら「鳥肌立った」と感じる人もいる

 

映画、、、今回の作品は娯楽というよりアートでしたが

(主人公自体がダンサーというよりアーティストであった)

偉大な作曲家の素晴らしい音楽というアート

普段の生活に必要かと言われたら、要る!と言う人が何人いるか?

というアートではりますが、私は芸術は人に必要と思っています

 

絵画がなくても生活に困りません

音楽がなくても生きていけるし、彫刻も別にいらない、かも

だけど人は古代から絵を描いて、歌を歌い、踊り、楽器を考案しました

そのための衣装も創り、そして石などで何かを表現していました

 

何故なんでしょう?

 

そして人は、何故アートを見て聴いて

不合理な「鳥肌がたつ」のでしょう?

 

人は何かを生み出す、そういう力を神様から頂いている

ただ便利に、安全に生きる為だけではない、美しいものを創る

そして、それを愛し、ゾワワワっと感動する「ツボ?」を

神様は下さったのかな? などと思いました

 

ゾワワワしない方もおられるようですが、それが悪いわけではないです

周波数? かもしれませんね

自分の奥にあるなにかと共鳴したときに、ゾワワワが起こる、とか

だから同じモノを観て聴いてしても、反応が違う

一人一人違うから、ゾワワワ周波数も違うのではないかな

 

芸術なんかいらねー、俺はマネーがあれば十分さ

と思う方もいるかもしれません

でも、よく豪邸を紹介する番組を見ると、必ず高価な調度品が飾ってあります

お金があるから買えるのでしょうが、お金だけが大事なら飾らなくていい

お金が余っているし、力を誇示したいのだよ、かもしれないけど

きっとそれだけじゃない気がします

 

人は、自分では無縁だと思っていても常に

芸術と共に生きている、のではないか

今触っているPCの色、デザインとか、ロゴだって

これだってアート、といえばアートじゃないのかな?

お料理、そして美しい盛り付け

いつも行くスーパーに、商品のパッケージにも

ただの商品のデザイン? いえいえ、きっと考え抜かれている筈

それらもアートなんじゃないでしょうか

 

ま、まだスーパーでゾワワワってしたことないですが

よ~く街を見ると、発見できるかもしれません

別に映画や音楽会じゃなくても、あそこにも、ここにも!

いえ、あなた自身が生み出しているかもしれません

 

ピアノの音で表現してきた

舞台という世界を創っていた、一応

未熟なりに、写真で美しさ、時間を切り取ろうとしている

そして、MMMというダンスを深めて、身体での表現を磨いている

そういう意味では、私だってアーティスト?

って言っちゃっていいかな? かな?

 

だから、みんながアーティスト!

必要とか無用とか、そんな議論も必要ないほど

私たちは、毎日様々なアートに囲まれ、アートな活動をし生きている

鳥肌が誤用でもいいや、って気持ちになりました

だって、私は映画で、コンサートで、時に絵画や写真で

ゾワワワってなってしまうんですもの

神様が下さった、ゾワワワ 

これからも沢山身震いしたいものです(^_^)

 

あ、明日は保育所でMMMダンスレッスンの日です

私も、子供達もゾワワワってするような… う~ん、明日はちょっと違うかな

明日は、私も子供たちも、ワハハハハ! なお稽古にしたいです(*^_^*)

 

短くと思いましたが、今日も長々書いてしまいました

いつものように、思い付いたまま書いていて申し訳ありません

それでも最後までお読み頂きまして、本当にありがとうございます

これに懲りずに、まだご訪問下さいね 

(^_^)/

 

ワクワク!ワークショップ2017 MMM神戸&大阪 ドイツから素敵な先生をお迎えして

 

f:id:mmm-thatsfine:20170525221951j:plain

今年も無事に終わりました、私の学ぶ&伝えている

マーガレット・モリス・ムーブメントという英国生まれのダンスのワークショップ

上記はMMM Japanのホームページとなっています

 

毎年海外から素敵な講師をお招きして開催されます

今年はドイツからGillian先生がお越し下さいました

 

最初の写真は、終了後のささやかなパーティー

それも終わって帰る前に、仲間と一緒に撮って貰った一枚

「クリムゾン」というグレードの仲間全員と先生

練習中ではないので緩やかですが、クリムゾンで出てくるポーズの

Armsを皆でやってみました

何気ないのですが、とても腕や手首を使う、少し高度な形です

 

MMMは、100年もの歴史を持ちます

流行のダンス、とは随分違うものですが

全てのダンスの基礎となるようなものですので

先日もレッスンで、先生が言われていましたが

バレエを勉強している人がMMMをやることで、バレエが上達したそうです

 

前回にもお話ししましたが、MMMはバレエとは違っています

でも、同じように音楽をよく使って、そして美しさを追求します

MMMは分野で言うとモダンダンスになります

 

そうそう! 来月から「The Dancer」という映画が公開されます

モダンダンスが開花した頃の実話です

 

www.youtube.com

ロイ・フラーというダンサーが主人公で、イサドラ・ダンカンも登場するようです

彼女たちは、新しいダンスを模索した、マーガレットと同じ時代を生きた人たちです

イサドラ役は、あのジョニー・デップの娘さん!

とても美しい方ですね(*^_^*)

どういうお話しかは、上の動画を見て頂く方が早いと思いますので

よかったらご覧下さいね

 

イサドラのお兄さんの、レイモンド・ダンカンとマーガレットは

とても関わりが深いのです。勿論イサドラとも親交があったでしょう

なので、マーガレットは登場しませんが、この映画はちょっと要チェック!

ティーチャー仲間と一緒に観に行くことにしています

 

モダンダンスは、そうですねぇ、簡単に言うと

トゥシューズやチュチュを脱ぎ捨てたダンス、とでも言いましょうか

つまりバレエとは異なる新しいダンスの表現を追求したものです

 

おっと、ワークショップから反れてしまいましたm(_ _)m

 

MMMとは、きちんとしたメソッドが確立されたもので

マーガレットはダンサーとしてだけではなく、教育者としても

とても素晴らしい女性でした

セラピストでもあり、理学療法士でもあり、画家でもあった

アーティストなのです

 

私たちは、そのマーガレットが考案したエクササイズを学んでいます

ワークショップで、メンバーは望めば試験を受けることができます

普段は習えない、いつものエクササイズとは違う事を学べます

そしてオープンクラスでは、メンバー以外の方々も参加出来、

MMMを体験して頂く機会ともなっている、

小さいながらも、私たちにとっては一大イベントなのです

 

MMMって、ピアノのお稽古ににているな、とよく思います

以前書いたかもしれませんが、改めて… ピアノを習うとき

最初はクラシックから始めることが多いでしょう

当然、易しい練習曲を学びますが、段々指が動くようになって

やがて(長い時を経て^^;)お馴染みの有名な曲を弾けるようになっていきます

そのためには基礎が大事!

そして、積み重ねていくのです

 

MMMも同じ。経験がなくても、初歩のクラスで歩き方や呼吸法から学び

体の使い方を習い、体幹を鍛え、全身を鍛え

少しずつ少しずつ出来るようになる、という喜び

とてもピアノと似ています

ま、お稽古事というのは、どれもこのような課程を経ていくのでしょうが…

 

ある程度弾けるようになってくると、何百年も昔に作曲された作品を弾きますよね

ショパンピアノ曲は古くさいでしょうか?

もっと古いバッハは、時代遅れでしょうか?

偉人たちの作品は、どんなに時代が経っても、色んな音楽が出来ても

色褪せない、廃れないし、飽きない…きっとこれからもなくならないでしょう

MMMは、そういうものと同じだと、私は、いえメンバーは思っています

 

ジャズもいいですね! 父はジャズのベーシストでした

Jポップも楽しいし、演歌もいい。日本人の心です

そしてバレエも素晴らしい、ヒップホップもかっこいい! と

色々ある中に、MMMというモダンダンスも存在しています

残念なことに、映画に出てくるイサドラほどの知名度が、日本ではありません

だけど、MMMは脈々と受け継がれているのです

 

解釈など、時代と共にある程度変わって行くこともあるでしょうが 

私たちは、ずっとマーガレットの遺した素晴らしいダンスを

できる限りそのままの形で伝えていきたいのです

だから、ティーチャーになる人は、相当な勉強が必要で

きっちりした試験を受けなければ、資格を取ることは出来ません

正しく伝えるために、マーガレットの遺産を残して受け継ぐために、です

それだけ、皆がマーガレットを大切に思っているから、だと思います

 

私たちのAya先生は、本当に素晴らしいダンサー&講師です

それでも、試験は英国のサマースクールか、このワークショップでしか受験できない

自分の先生ではない、それも海外のトップレベルの先生に見て頂いて

初めてグレードをアップできます(私たちは、カラーを上げる、と言います)

私も、ワークショップと英国のサマースクールで

生徒としてグレードを上がる為の試験を受け

そして、心臓バコバコのティーチャー試験を受けてきました

昨年に全ての試験を終え、今年は少し気楽なワークショップでした

 

が! ワークショップに来て下さった皆さんに

「なんだ、これがMMM? こんな人が先生なの?」

というような感情を抱かせる言動は、慎まなければならないし

ワークショップ自体を盛り上げ、成功させる役目があり、

生徒気分で楽しんでばかり、ではいけない! ということがあります

MMMの価値を「私が」下げることになったら…

その怖さ、責任を改めて思い、気を引き締めた2日間でもありました

  

積み重ね、積み重ね。20年… 

まだまだ学ぶことがいっぱいあります

私は50歳を越えていますが、それでも私なりにできる事が増えています

そして、まだ新しい事が待っていて、私は歳を重ねるのにも関わらず

今よりハードなテクニックを学べるのです。そして練習すれば

私は、若者のようには出来なくても、私なりにきっと出来るようになることを

知っています。20年の経験で、分っているのです

そういうものを持っているって、何て幸せなんだろう

宝くじ当たったりしませんが、一生ものの宝を二つも与えて頂いた私

音楽とMMM う~ん、贅沢なことですね。有り難いです

 

あ! ここ注意です!

別に無理をして試験を受ける必要はありません。望む人だけです

まったりのんびり、基礎をじっくり楽しんでおられる方もおられます

 

小難しいダンスだな、と思われる方もおられるかもしれませんが

ちゃんと系統立てられたエクササイズなだけなんです

確かに試験を受けないと新しい事を習えない、ですが

諸先輩方も、次のカラーをやってみたい!という思いが強くて

ご自分の出来る範囲で、出来る期間をかけて、楽しくチャレンジされています

試験を受けたくなっちゃう! …というのかな

MMMって、そういう不思議な魅力があるエクササイズ&ダンスなのです

 

あなたの知らないMMMという世界

 (マツコに語りにいきたいなぁ、マジで…)

 

性別も年齢も関係なく、いつでも始められるMMM

穏やかで優しい仲間たちと共に

体にナチュラルな、解剖学に基づいて創られた有酸素運動MMMを

やってみたい人~! は、最初のJapanのホームページを見て下さいね(^_-)

 

ワークショップは毎年、春に開催されます

来年は英国からパワフルなジャン先生が来られる予定です

 

因みに、マーガレット・モリス・ムーブメント

ウォーキングしながら引き算するくらい、脳みそ鍛えられます

MMMって、ホント優れものなんです!(^^)

出来るようになる喜びを感じる…そんな小さくて大きな幸せ

あなたもMMMで見つけてみませんか?

 

 

本日も…少々マニアックといいますか…

3千字を越える長い記事を最後までお読み頂きまして…毎度ですね…すみません

本当に有り難うございました。感謝致します

これに懲りずに、懲りないでネ… またご訪問下さいませ

(^_^)/

 

「有朋自遠方来 不亦楽 」 温かい気持ちで、お花をパチリ&MMM!

「朋有り、遠方より来たる。亦た楽しからずや」

 

中学だか高校だか忘れましたが、授業で習って

その時は、そういうものなんだろうなぁ、くらいの思いしかなかったのですが

実際、それを体験してみて、こんなにも嬉しいものなのだなぁ

と、しみじみ。更に

この歳になって、新しい友人に巡り会い

それも、心赦せる、信頼して何でも話せる友を得られたことは

もはや黄金色の物よりも、遙かに価値があることであることを実感しました


その方との出会いは、なんと!

こちらの、はてなブログなのです!

Marikoさん(*^_^*)  (id:morimariko) 

「世の中の観察日記」という素敵なブログをお書きになっておられます
ご存じの方、また読者の方も多いかと思います

morimariko.hatenablog.jp

いつも仏教の教えを、私たちにも分りやすく、親しみやすく語って下さり

私は、初めて読んだ時からファンになってしまいました

何とかお友達になれないものか、と思いが募り…

神仏が私の思いを届けて下さり、親しくさせて頂けるようになりました!

上記には、私たちのことも書いて下さっています

 

今日は佳き友との時間、そして私が学び、教えているMMM

マーガレット・モリス・ムーブメントのお話しを
神戸旅行の際に撮りましたお花の写真を混ぜながら書いて参ります

 

お会いできたのは、もう4月の半ばで一月近くも経ってしまいました(^_^;)

チューリップはもうちょっと遅い…けどお許し下さいませ

これらのお花たちは、神戸布引ハーブ園というところで撮影しました

f:id:mmm-thatsfine:20170512155211j:plain

神戸の布引(ぬのびき)の滝は、「日本の滝百選」にも選ばれているそうです

高所恐怖症の私は、ロープウェイから見られるこの滝を撮影できませんでした

MarIkoさんは関東にお住まいで、飛行機で神戸へ来て下さいました

共に街を歩き、沢山お喋りをしつつ、神戸という街を見て頂きました

地元にいると行かないようなお店や場所に行き、お肉やケーキを頂きながら

それは楽しく、充実した素晴らしい時間でした

 

そして、私のブログでご紹介しておりますMMMというものに

興味を持って下さっていたMarikoさんは、クラスを体験して下さったのです!

 

私が大切に思っております、マーガレット・モリス・ムーブメントは

英国人のマーガレットが100年以上前に創り上げた

体にナチュラルでありながら、美しさも兼ね備えた

どなたでも始められ、続けられ、そして踊れるようになっていく

当時としては最先端?の有酸素運動で、今も世界各地で続けられています

過去のブログに、長々と私が生徒から先生になるまでの経緯を書いております

ご興味ありましたら、この ↓ ↓ 最初の方の記事を是非ご覧下さいませ(*^_^*)

mmm-thatsfine.hatenablog.com


見たことも聞いたこともないものに、いきなりチャレンジするというのは

中々出来ないことだと思います 

到着したその日の夜遅くからのレッスンで、お疲れではないかと心配でしたが

目の端によく体が動いておられるご様子が! 

そして、まだウォームアップが終わったところでしたが小声で

「Mayumiさん! 面白い!」

そう言って下さったのです

楽しいかなぁ、と心配だった私はもう! それはそれは嬉しかったのでした

MarikoさんはMMMという、とても言葉では説明しにくいダンスを例えて

ヨガ+バレエー何か+何か 

とご自身のブログで表現して下さいました

なるほど!

MMMというダンスは、ヨガのように呼吸をかなり意識します

そして解剖学に基づいて創られているエクササイズは

単にダンスを踊る、というだけではなく、心身を整えて緩やかに強化します

でもヨガと違うのは、音楽がとても重要な要素としてあり

マーガレットが選んだシューベルトシューマンなどのピアノ曲に合わせます

更に、ジッとしているものもあれば、歩く、跳ぶ、走るエクササイズもあります

この辺りがヨガとの大きな違いでしょうか

バレエは美しいですね! 子供の頃から憧れています

出来るものならトウシューズを履いて立ってみたい

などと思う気持ちは、今もちょっぴり残っています

でも美しさを追求していくと、人によっては難しい、無理なポーズもあるでしょう

 

同じように美しく動く事を目指していますが、まずシューズは履かず裸足です

そして自分の出来る一番美しいところ、脚なども上げられる高さで良いこと

そういう意味で、バレエとは違っていると思います

百人いれば百通りの美しさがある、というような、、、

シニアの方の美しさ、子供達の美しさ、初心者の方の美しさ

そして、私たちの先生のように極められた美しさ

私は私で、きっと私なりの美しさがある… ないとダメですね(^_^;)

Marikoさんは、初めてのクラスで、たった一度参加されて

上記のような表現を使って、感じられた違いを式にして下さったのです

全ての事を、ヨガとバレエだけと比べて言えるわけではありませんが

ご存じない方にも、少しはイメージして頂けるのではないかと思います

仲良くなった友人が、自分が大切に思っているものを

一緒にやってみてくれて、そこから良いものを感じてくれる

そのことが、どれほど嬉しかったことか

楽しんでくれたことが、どれほど嬉しかったことか!

f:id:mmm-thatsfine:20170510233217j:plain

昨年末に、(多分)凝りから胸の痛み→息できない→気絶

なんてことになってからずっと、モミモミに通う日々でした
MMMは治療ではありませんから、それだけで治るものではありません

まず体を感じる、梅の頃に書いたかな…それが鈍っていたのですね

それに私のように、沢山の原因があればそれはもう、根本的な問題で

噛み合わせは歯科に行かないとだし、肩甲骨、背骨が動かないのも

それはもう病院での治療しかない

もしかすると、なんとか期障がい?もあるかもなぁ

マットレス&枕は、今も悩んでいます

それでも、MMMで全身を動かしながら病院で治療し、
枕やマット、PCの見過ぎ?等という原因を取り除いていくことで

私の体も少しずつ改善しています

f:id:mmm-thatsfine:20170510233931j:plain

一緒に神戸の街を歩くときには、すっかり良くなって凝りもなく…

そう思っていたのに、私は今なお枕難民として漂流しています

怖くて根を詰めることが出来ず、PCもなるべく開けない

書きたい事があるのに、こうして書けるのは月に一、二度

出来るだけ家で大人しく、でもPC触らない!と夫に言われてションボリ

つまらないなぁ。でも、酷くならないようにしなきゃ… つまんない…

その日々の中で、私に会うために友人が会いに来てくれる、というのです

根を詰められないので、凄い凝った(肩じゃないですよ)案内計画は

出来ませんでした

それでも、あまり騒々しすぎない、綺麗な所はご案内出来たかな?

そう思っています

 

友人をお迎えすることで、私は地元だから行かない場所や(異人館とか)

地元すぎて食べよー、とか思わないものを食べ

いつも見ているけど乗ったことがない観光用のフェリーで

楽しくお話ししながらケーキを食べ、明石海峡大橋を眺められました

梅や桜のように、ようし撮るぞーー! 今年こそは良い写真を撮るぞー

という気負いも欲もなく、写真を撮りました

タイトルのように、温かい柔らかい気持ちで軽くパシャッ!

f:id:mmm-thatsfine:20170510233339j:plain

ピンぼけ…(^_^;)

というか、思っているところにピントが合ってない、ですよね

最近こういうことが凄く増えました… 気付けないなんて…

う~ん… 老なんとか、というヤツでしょうか (ため息)

f:id:mmm-thatsfine:20170513234137j:plain

Marikoさんが気に入られたお花

ブログにも載せておられました
名も知らぬお花ですが、美しかったです

技術がないので、その自然の美しさを皆様に伝えきれません

でも、美しかった

遠くから来てくれた友と一緒だから、なお一層美しく見える

そんな友と一緒にMMMのお稽古が出来たから、なお一層楽しく思える

一緒に食べた食事だから、なお一層美味しく思える

全てが過去になってしまいましたが、こうして書いて振り返ることで

私の思い出は、心の中でなお一層

鮮明に、温かく輝くのです

 

有朋自遠方来 不亦楽

論語」の冒頭部分で書かれた孔子の言葉の意味が、味わいが

やっと分るお年頃になったのねぇ、

わたし (*^_^*)
年齢を重ねるのも悪いことばかりではないですね

何とか期障がいと、老なんとか、はごめんですが…

 

今回も長々したものを最後までお読み頂きまして

ありがとございます

私は、思いついたまま書いていくことしか出来ません

なのに、いつも本当に有り難いことで、感謝しています

 

次回は、MMMのワークショップのお話し

今年も始まるよ! 保育所のレッスンレポート

なども書いていきたいです。肩が凝らない程度に…

これに懲りずに、またご訪問下さいね!

ではまた(^_^)/

 

 


桜の撮影 ~肩こり枕難民のつぶやき~

ご無沙汰しておりますが、皆様お元気でしょうか?
なんだかんだある中ではありますが、取りあえず

お決まりのように桜にカメラを向けてきました

今回の撮影で感じた事と体の事

「枕」に辿り着くまでの事を、数日に分けて

ボツボツと書いてみたいと思います

長文になるかと思いますので、お時間あります時にどうぞ~ヽ(´ー`)ノ

 

神戸は、あいにくのお天気の中での満開となりました

これらは、自宅周辺の桜です

 

山にある我が家の周辺は、多くのソメイヨシノがあり

その目を少し遠くにやると、色とりどりの山桜を愛でることが出来ます

 

撮影は9日の日曜日で、最初差していた薄日も

撮影開始直ぐに、黒く重たい雲に覆われてしまいました

風が強くなり、いきなり気温が下がって寒くて

鼻水が出てきたため、途中で諦めて帰りました 

いつまで経っても初心者のままですが、最近は加工が出来るようになり

白っぽくしか取れなかった花を、このようにピンクに染めたり(*^_^*)

自然ではない、、、と言えばそうなってしまうかもしれませんが…

写真を「お化粧」することの是非、というのは賛否があるでしょうけど 

梅に引き続き今回も、お化粧、をした上でUPしています

雰囲気…です(^_^;)

若干、梅より美しいお花に仕上がった気がしています

 

酷い凝りに悩まされていた私

昨年末に救急車に乗って、もうすぐ4ヶ月になろうかというのに

私の病院通いは、今も続いている状態です

毎日数時間開けていたPCは、週に数度しか開かなくなりました

こうしてブログも、月に一度更新できれば良い方、という有様

 

頑張りすぎたのだ

最初に、原因をそう結論づけました

 

しかし待てよ。もっと頑張っていた時もあったじゃない?

気絶するほどなのか?


兎に角、休もう。凝るような作業は控えよう
心も安らぐように、出来るだけのんびりしよう!

ダラダラ出来るときは、本当にダラダラ~と過ごしました

その後、酷い凝りは噛み合わせが原因かも、

ということが、専門の歯科医の診察によって明らかになりました

が、随分と遠い病院に勤務されていて、直ぐには通う決心が付かぬまま時が過ぎ…

 

肩甲骨が痛くて前後に動かせない

背中が反れない、息が十分に入らない日々は、疲れやすくもありました

少しずつ改善はしていたのですが

梅が散るのにまだ完治しないことで、気分が沈んでしまいました

梅を撮りに行ったとき、大先輩が地に寝転がるようにして

下から花を撮っている姿を見かけました

 

花に合わせて、自分が体勢を変えればいい

こんな簡単なことさえ思い浮かばない

私はあらゆる面で、懲りこり、なんですねぇ

これは、その時のことを思い出した一枚

太い幹から垂れ下がっていた、小さな花たち

私は座り込んで、お顔を覗くようにしてパチリ

 

自然に合わせる…のだな…

私の体、自然の仲間でなくなっているのかな?

歯を治したら自然に近づいて、楽になるのかな?

 

そんな中で、我が家に大きな変化が起こりました

お義母さんが、大阪の家を引き払い神戸に来ることに!

突然の出来事で、てんやわんや!

3月はこの一大事で終わり、気付けば桜の話題がニュースにあがるように

何となく気に入っている一枚です

Vの木の股から、Vの字っぽく顔を出す可愛い花たち

「ここにもいるよ~。いないいないばぁ~(*^_^*)」

と、陰から出てきて笑っているように感じるのです

 

「きき方講座」に参加しています

4月の講座の時に、コーチが桜を話題にあげられました

今年は寒くて開花が遅めでしたね

桜は、体で感じている。自然を感じてあるがままである

4月が近いからとか、人間が待っているからなんて思うこともなく

寒ければ、まだ早いのだと感じて蕾は硬いまま

日差しや気温を感じて、良い頃にそれぞれが咲き始める

あるがまま、自然の流れのままに…

 

この話しを伺った時に、私は思ったのです

もっと自分を感じなくてはいけないな

体を感じる事が出来なかったから、こんなことになったのじゃないかな?

このように空が暗くなり、青い空とピンクの花という私の理想と

まったくかけ離れた状況となってしまいました

綺麗に撮れないやん! と思うのは人の都合

どんな天気でも、桜はやはり美しい

 

去年より綺麗に撮りたい、梅の時より上手に撮りたい

目で見る美しさを、ファインダーの中に表現できないもどかしさ

 

そうか… 技術というのは、表現したいことを伝えられる力なんだなぁ

ピアノで想いを表現出来たときの喜びを、ダンスでももっと感じたい

いつの日かカメラでも伝えられたら… 楽しいだろうなぁ

やることは違うけど、私って「表現したい人」なんだなぁ、と再確認

公園にあるソメイヨシノと山桜たち

今これを書いている部屋からも、これと同じような景色を見ることが出来ます

少し不便で冬は寒い狭小住宅ですが、この時期だけは最高の立地になる

本当に、ものは考えようですね

桜の蕾がピンク色に、大きくなっていくのを窓から見ているうちに

私の気持ちにも、段々明るさが戻ってきました

無事だった! 野良猫さん
昨年の秋から見かけるようになったのですが

今年の寒い冬、どうやって過ごしていたのだろう…

この子も桜を愛でていたのかな、公園に咲く木々の下に座っていました

寒かったでしょ? 頑張ったね! 

凄いよ、君は!

桜はやはり、わーーっと咲いているところが魅力ですね
(注:関西人は、ワーー、ド~ン等の擬音・擬態語がないと話せないのです。ごめんなさい)

それを表現するのが難しくて。誰か教えて~

なんて思いつつ、試行錯誤。鼻を啜りながらパシャ、パシャ

 

昨年の夏?だったかな

枕が合っていない気がして相方に譲り、タオルを重ねて寝るようになりました

 

この桜と梅の撮影の間に気付きました

毎朝首や肩が痛い。腰も痛いし、寝ても寝ても疲れが取れない

これらは、昨年からの一連の流れと思っていましたが

タオル枕が逆に、私の首肩腰などに負担を与えているのでは?

自分に合うように作れていないのじゃないか?

これが、そもそもの元凶じゃないか?! と

 

イムリーに、オーダー枕を作ってくれるお店を発見

誘われるように入ってしまい、ジーーと怪しく見つめておりました

お兄さんが声を掛けて下さり、カーブを測定して

私に合う枕と、マットのサンプルを用意して下さいました

それに寝かせて貰った私は、大変驚きました

寝るって、こんなに楽なの?

その時、それこそが私の体にとって一番「自然」に横たわれる

マットと枕だったと思いました

オーダーですから、それなりのお値段です

人生の3分の1の時間お世話になるものに、お金を惜しむことはない!

相方を説得するぞ!と意気込んで家に帰りましたが

もう少し情報を、とネットで調査しました

 

そこで発見したのは、世の中には多くの「枕難民」がいるということでした

いくつ捨てたか分らない、と言う方。その中になんと!

オーダーしたが、家のベッドに置いたら良くなかった、という方も

因みにそこのオーダー枕は2万7千円… う~ん、これでは買えない…

連日色々と調整して、結局タオル枕で寝ています

 

肩こり腰痛は、原因がいっぱい!

心身の疲れ・PC等・噛み合わせ・骨盤背骨の歪み・そして枕やマットも

もしも不調を感じたら、上記のことも疑ってみて下さい

兎に角、体が自然でいられる時間を多くしてあげましょう

よく眠れないという方も、一度枕に注目してみて下さい

あなたの体や睡眠の悩みが、解決するかもしれません

 

最後に、悩んでいる私の話を聞いた相方の、酷い発言を読んで頂いて

今回は終わりたいと思います 

(深い意味はないです。流して下さい)

 

「あぁ、今日もあかんかったわ。首痛いよー」

「君は何してもあかんて。

もうこれから首取って寝たらええねん。そこら辺に置いておけ、ハハハ。

話すときはな、頭だけが喋るねん。アラレちゃんの世界やな、ハハハ」

「(-_-;)… あなたさ、私の首だけが置いてあって、それが話しかけて平気なん?」

「俺、家出て行く。怖いもん。ワハハハ」

 

枕難民の気持ちは、枕難民にしか分らないようです

今日も私は漂流します

いつかきっと、スッキリ眠れて凝りとさよなら出来る

更に、一瞬を切り取る世界で、我ながらウットリ…な一枚が撮れる

そんな場所に辿り着く日を、まったり夢見て…

 

長々としたものを、最後までお読み頂きまして

本当に有り難うございました

出来れば、月末にまた投稿できればと思っています

これに懲りず、またご訪問下さいね(^_^)/